ついにNew York Timesのデジタル購読者が100万人突破。

ちなみに紙面とデジタル版を同時に契約している読者も110万人。同社の紙面版は下落を続けているものの、5%のコスト削減とデジタルでの成長が利益を相殺させたんだとか。 とはいえ、まだまだ油断のならないデジタル版の行方。

正直なところ、デジタルでの有料購読者をこれだけ確保できるのは、アメリカのトップ・ブランド紙だからこその気もします。果たしてこのモデルが世界的に応用の効くものかは、まだまだ懐疑的な見方も強いです。

http://www.theguardian.com/media/2015/aug/06/new-york-times-digital-subscribers

この記事をサポートしませんか?

The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、1回300円からコンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

下記リンクからECサイトのBASEにいき、300円、1280円、2800円のサポートを自由に選んでいただけます

翻訳・オリジナル記事をサポートする

AUTHOR

石田 健

石田 健

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot