アド・ブロックのアプリが、App Store有料アプリTOP5のうち3つを占める。

いよいよきたかあ、と話題のアド・ブロック。 Adobeらの調査によると、同機能を使っている人は、世界で約2億人。それによりおよそ220億ドル(約2.7兆円)の広告収入が失われているのだとか。

これに関しては、正直わからないなあという感じです。 すべてがネイティブ広告になる世界が良いとも、そんな世界がやってくるとは思えませんし、TVが自動的に番組の広告をスキップする機能をつけたら「え・・・・??」って感じですしね。

Andreessen HorowitzでGeneral PartnerをつとめるChris Dixonも指摘していますが、そもそもアド・ブロックを提供する会社が、アド・ブロックの解除で金儲けしているのって(倫理的に)どうなの?ってのもあります。

いずれにしても、Appleはコンテンツ・クリエイターを優遇したいのか、苦しめたいのか、ちょっとよくわからないなあというのが、正直な感想です。

http://digiday.com/publishers/three-top-five-apps-apple-ios-store-adblockers/

この記事をサポートしませんか?

The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

下記より、Stripeのカード決済機能を通じて2800円のサポートを手軽におこなっていただけます

AUTHOR

石田 健

石田 健

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot