ニューヨーク・タイムズ紙によれば、アメリカは3年前から北朝鮮のミサイル計画に対してサイバー攻撃を続けている。

この攻撃プログラムがスタートしてから、北朝鮮によるミサイル発射は立て続けに失敗。15日に発射されたミサイルの失敗に、この攻撃プログラムが影響したかは不明。

概要

  • この攻撃プログラムは、オバマ前大統領が国防総省に指示して3年前からスタートしており、トランプ政権下でも継続されている。
  • プログラム開始から発射は何度も失敗しており、プログラムの支持者は、北朝鮮による核兵器が搭載された大陸間弾道ミサイルの開発に、数年の遅れが見込めると主張。
  • しかし発射失敗がプログラムによるものか、人為的・技術的なものかは不明。懐疑的な専門家も多い。
  • こうしたミサイル計画へのサイバー攻撃は、過去にイランに対して実行された。
  • この記事をサポートしませんか?

    The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

    広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

    下記より、Stripeのカード決済機能を通じて2800円のサポートを手軽におこなっていただけます

    AUTHOR

    石田 健

    石田 健

    株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot