フランス大統領選挙で、マリーヌ・ルペンとの決選投票に進んだエマニュエル・マクロンが、サイバー攻撃を受けていたことが明らかになった。

マクロンを攻撃したハッカーは、昨年の米・大統領選挙でヒラリー・クリントンを攻撃した集団。

背景・経緯

  • このハッカー集団は「APT28」と呼ばれており、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)と関係があると見られている。
  • APT28は米・大統領選挙で民主党のシステムに不正侵入、クリントン陣営に不利な情報を流した。
  • EUによる対ロ制裁の継続を支持するマクロンに対して、ルペンは親ロ派。このためロシアのハッカーは、マクロンへの攻撃を強めていると考えられる。

現状

  • 現状ではマクロンが勝利するという見方が強いが、ルペンが当選すればロシアへの経済制裁を解除、またシリア問題でも同国と協力する見込み。
  • フランス政府は、ルペン当選を狙うロシアによるハッキングやフェイクニュースの蔓延に警戒。

影響・今後のシナリオ

  • 欧州では今年、イギリス・フランス・ドイツなどで相次いで重要な選挙が開催。
  • 米・大統領選挙でハッキングやフェイクニュースがどこまで影響を持ったのかは不明だが、欧州での各選挙にロシアがサイバー攻撃を通じて介入することが懸念されている。

この記事をサポートしませんか?

The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

下記より、Stripeのカード決済機能を通じて2800円のサポートを手軽におこなっていただけます

AUTHOR

石田 健

石田 健

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot