イギリス外務省が、国際テロ組織ISのプロパガンダに対抗するべく、Twitterアカウントを開設。

これまでに700人ほどのイギリス人が、ISのためにイラクやシリアに旅立ったそう。日本では話題が下火になってしまったISですが、依然として国際社会の脅威ではあり続けています。

ところで、こういったアカウントって実際にはどんな感じで運営されているんですかね?どこかの企業が支援とかしてるんですかね?しかしその場合は、専門知識が必要になりそうで、なかなか普通の企業では難しそう。

逆に外務省内部で運営するにしても、継続的に運営するならば、どんな感じでKPIをひいたりするのか、ちょっと気になりました。

http://www.theguardian.com/world/2015/aug/28/uk-foreign-office-twitter-account-combat-islamic-state-propaganda-isis

この記事をサポートしませんか?

The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

下記より、Stripeのカード決済機能を通じて2800円のサポートを手軽におこなっていただけます

AUTHOR

石田 健

石田 健

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot