eMarketerの調査によれば、Facebookは12-17歳のユーザーが今年はじめて減少する見込みとなりました。12-24歳のユーザー数はSnapchatがはじめて首位を奪い、若い世代から人気を集めている構図が鮮明化しています。

なぜ重要?

  • eMarketerの調査で、Facebookのアクティブユーザーの減少が予測されたのは初。全体的にFacebookの利用者は増えているものの、動画や画像でのコミュニケーションを好むティーンエージャーはInstagramとSnapchatに移行しつつあります。
  • 低迷する株価とは対象的に、Snapchatのユーザーは2015年から2016年にかけてほぼ倍増し、今年も20.2%の増加が見込まれています。
  • 229751

    影響

  • Snapchatは最近、NBCやCNNと番組制作に乗り出しており、多くの視聴者を獲得しています。Facebookは依然としてSNSの王者ですが、Snapchatが風穴を開ける可能性も依然として残されています。
  • この記事をサポートしませんか?

    The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

    広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、1回300円からコンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

    下記リンクからECサイトのBASEにいき、300円、1280円、2800円のサポートを自由に選んでいただけます

    翻訳・オリジナル記事をサポートする

    AUTHOR

    石田 健

    石田 健

    株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot