大統領選挙で利用された大量の広告やFacebookページについて調査をおこなっているFacebook社は、3000以上の広告でロシアとの関与が疑われることを明らかにしました。

こうした広告の大半は、LGBTや移民問題などイデオロギー的問題について有権者を分断させることを目的に利用されたと見られています。

背景

  • 調査によれば、ロシア関連企業は昨年の大統領選挙のために10万ドルをかけて広告を購入。運営されているページでは、ヒラリー候補やトランプ大統領についての言及もありました。
  • こうした企業は「トロール・ファーム」と呼ばれており、虚偽のニュース(いわゆるフェイク・ニュース)や陰謀論などをFacebook上で拡散しており、ロシア大統領府(クレムリン)との関与も指摘されています。
  • 影響

  • 10万ドルの広告費用は、大統領選挙で使われた広告総額ではごく僅かなものの、ロシアによる大統領選挙への関与はCIAなども報告しており、Facebookの調査によって改めて裏付けられた形です。
  • マーク・ザッカーバーグCEOは、Facebook上のフェイク・ニュースが選挙結果に影響を及ぼしたという指摘は「馬鹿げている」と一蹴していますが、ロシアによるニュースや広告の実態について調査を行う方針を明らかにしていました。
  • この記事をサポートしませんか?

    The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

    広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

    下記より、Stripeのカード決済機能を通じて2800円のサポートを手軽におこなっていただけます

    AUTHOR

    石田 健

    石田 健

    株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot