今更という感じですが、ロイター研究所が先日公表したデジタル・ニュースレポートは、世代間でニュースソースがかなり異なることを示しています。

chartoftheday_5067_main_news_source_by_generation_n

この調査は、26カ国で行われたもので、メインとなるニュースソースは10代から30代までの半数以上がオンライン。しかし30代後半から40代にかけては、紙やTVが圧倒的に増えていきます。

日本はエンタメニュースなどが人気

ちなみにこの調査では、日本人が調査対象となった各国に比べて、突出してエンタメ・セレブニュースなど軟派なニュースが好きなことも明らかになっています。

01

硬派なニュースに関心がある層は、なんと調査対象国の中で唯一半数以下。笑

また、ニュースを手に入れるソースについてもオンラインではYahoo!が圧倒的です。Buzz Feedは、日本ではメディアパートナーとしてYahoo!を選んでいますが、レポートの中でも、アグリゲーターが圧倒的な地位を得ている状況は特異であることが記されています。

02

軟派なニュースを中心に消費し、そのソースはTVや新聞社ではなくアグリゲーターであるという点は、国際的に見ても珍しいという事実は頭に入れておいても良いかもしれません。

この記事をサポートしませんか?

The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

下記より、Stripeのカード決済機能を通じて2800円のサポートを手軽におこなっていただけます

AUTHOR

石田 健

石田 健

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot