日本では、Yahoo! が販売権を獲得したBuzzFeedの広告販売権ですが、グローバルでは、はじめてWPPが代理店契約を交わしたそう。

WPPの中でも、メディアプランニングやメディアバイイングを担当するGroupMが、BuzzFeedの代理店として活動していきます。

GroupMは、TwitterやFacebook、AOL、そしてGoogleなどの大口クライアントも持っており、BuzzFeedが最初のパートナーに選んだのも妥当です。

またこれは、(密かに)重要なポイントですが、彼らはBuzzFeedのネイティブ広告だけではなく、彼らの分析ツールPoundも商品として売り出していくみたい。

Poundが何か?という点については、またここで説明していくかもしれません。

http://www.theguardian.com/media/2015/aug/27/buzzfeed-global-advertising-deal-martin-sorrells-wpp

AUTHOR

石田 健

石田 健

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot