VR関連のスタートアップ8iが、シリーズAで1350万ドルを調達しました。彼らは、コンシューマーとハリウッド向けに、ソフトウェアベースのVRシステムを提供しています。

投資家には、Samsung VenturesやFounders Fund Scienceなどが名を連ねています。

8iは、実際の人やモノを没入型3Dで映し出す技術を開発しており、ロサンゼルスにコンテンツ・クリエイターが自由に利用できるスタジオを用意しています。

彼らは、よりリアルに近い3Dの人やモノを投影することで、それらをリアルに体感することを目指しており、「VRをより人間らしいものにする」というヴィジョンを掲げています。

ディズニーやスターウォーズの取り組みからも分かる通り、VR/AR分野は今後のメディア/エンタメ業界のもっとも注目なトピックになるでしょう。

この記事をサポートしませんか?

The HEADLINEでは、ニュースの解説に関する独自コンテンツや世界の良質なメディアから正式にライセンスを取得した翻訳コンテンツを提供しています。

広告は掲載しておらず、より多くの人に情報が拡まるよう購読制は採用していません。良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてみませんか? 費用はすべて翻訳・編集の費用に充てさせていただきます。

下記より、Stripeのカード決済機能を通じて2800円のサポートを手軽におこなっていただけます

AUTHOR

石田 健

石田 健

株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot