CNN、米議会が推し進める難民政策を批判した記者を2週間の停職処分に

テック, メディア

公開日 2015/11/28 01:07,

更新日 2015/11/28 01:07

無料記事

パリでの同日多発テロ事件をきっかけにして、欧米諸国を中心に民政策の在り方をめぐる議論が再び活発化しています。

フランスのオランド大統領、ドイツのメルケル首相は25日の仏独首脳終了後の「難民の受け入れを継続する」という姿勢を表明。

しかしその会談の直前には、フランスのヴァルス首相が、「これ以上欧州で難民を受け入れるのは不可能だ」とドイツの新聞のインタビューに応えるなど、これからの難民受け入れに対するEU諸国の姿勢は、一枚岩ではないようです。

http://www.france24.com/en/20151125-france-manuel-valls-refugees-migrants-europe

一方、共和党が多数派を占アメリカの議会下院では、難民の受け入れを制限する法案が可決されましたが、この議会の動きを伝えたCNNの記者のツイートを巡り、賛否両論を呼ぶ騒動が勃発していました。

CNN記者、議会の動きをツイッターで批判

11月19日、共和党が多数派を占めているアメリカ議会下院で、イラクとシリアからの難民受け入れを停止するという趣旨の法案が可決されました。

この法案は、「イラクとシリアがアメリカの脅威ではないということを政府当局が宣言するまで、この二カ国からの難民の受け入れを停止するという趣旨の法案です。(オバマ大統領は、この法案が上下両院で可決されたら拒否権を行使すると明言しています)

この法案の可決後が可決して数時間経過した20日朝の4時過ぎ、CNNのイリース・ラボット記者(国際情勢とアメリカの外交政策担当)が、法案可決を伝えるCNNの記事を、以下のコメントと共にツイートします。

「下院がシリア人難民の受け入れを制限する法案を可決。自由の女神は、今のこの状況にがっかりしながら私たちを見下ろしていることでしょう」

ラボット記者のツイートを批判したワシントン・ポスト編集者

ラボット記者のツイートしに対し、一般のツイッターのユーザーからこのような意見も寄せられました。

「ISISの脅威が迫っているというのに、それを認識できずにこんなのんきなことを言っている人がいるのが私たちの世界の現状。いい加減、目を覚ました方が良いんじゃない?」

一方、ラボット記者のツイートをジャーナリストの視点から問題視したのが、ワシントン・ポストでメディア評論も行っているエリク・ウェンプル氏です。

「このツイートはCNNの編集方針に違反しているんじゃないのかね?」

このツイートの後、ウェンプル氏はワシントン・ポストの電子版に、ラボット記者のツイートを問題視する記事をアップし、以下のように指摘しました。

「この法案は共和党主導で可決された一方で、民主党上院院内総務のハリー・リード上院議員が反対票を投じるなど、非常に党派色が反映される採決となった。普段、『不偏不党』を強調しているCNNだが、コメンテーターではなく、一記者であるラボット記者のこの言動はどう説明するのだろう?」

ラボット記者を停職処分にしたCNN:記者本人もツイッターで謝罪

早朝のウェンプル記者のツイートから数時間が経過した朝9時24分、ウェンプル氏が新たにツイートを行いました。

「CNNの関係者から、今回のツイートへの対応として、ラボット記者を二週間の停職処分にすると伝えられました」

その後、Politicoも、「CNN関係者からの話」としてラボット記者の停職について報道しました。

その後、正午過ぎにラボット記者は以下のツイートを行いました。

「皆様、私は編集権を持つ立場で無いにも関わらず、間違いを犯してしまいました。あのようなツイートは不適切であり、誠実性にも欠けるモノでした。心からお詫び致します」

ラボット記者への同情の声も

ツイッターでの批判から停職の処分につながったラボット記者ですが、その一方で記者に同情するツイートも見られました。

「このツイートを理由に君を停職にしたCNNはサイテーだと思う。共和党に反対した勇気に拍手!」

また、ガーディアンのコラムニストからのツイートも以下のようなモノでした。

「君のツイートは最高だったし、よくぞ言ってくれたと思ったよ。変な人たちに絡まれて災難だったね、、」

あと一週間ほどで復帰すると思われるラボット記者ですが、はたしてどのようなツイートで帰ってくるのでしょうか?

参考記事

http://www.huffingtonpost.com/entry/cnn-elisa-labott-suspended_564ecb8ce4b0d4093a573136

https://www.washingtonpost.com/blogs/erik-wemple/wp/2015/11/19/dear-cnn-are-you-biased/

http://edition.cnn.com/profiles/elise-labott-profile

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
headline 主管理者
おすすめの記事
テック, メディア

2019年、中国メディア市場の動向:ByteDanceの躍進と注目のOOH

有料記事

中国の調査会社R3によるメディアレポート「China Media Inflation Trend Report」が11月21日に公開された。TikTokなどを展開するByteDanceらの躍進に注目が···
石田 健
政治・国際関係

ニュース解説:カリフォルニア州雇用法案AB-5の成立は、「搾取との闘い」か?

有料記事

9月18日、米カリフォルニア州で、ギグ・エコノミーの労働者をこれまでの「独立した請負労働者」ではなく、「従業員」として再分類する可能性のある法案が成立した。2020年1月1日より施行予定の同法案は、上···
塚本 大
テック, メディア

NYTによる衝撃のFacebook暴露記事:その内容とポイントは?

無料記事

11月15日、米・New York Times(NYT)紙に衝撃的な記事が登場した。この記事は「Delay, Deny and Deflect: How Facebook’s Leaders Foug···
石田 健
テック, メディア

月は誰のものか? 宇宙を専門とする弁護士が回答する

無料記事

この写真は、おそらくこれまで撮影された国旗の中で最もよく知られたものだ。APOLLO 11 MOON LANDING / AP PRESSバズ・アルドリンが、月に立てられた初のアメリカ国旗を横にして立···
石田 健
管理者
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健