タンザニアの新聞配信アプリ「M-Paper」に世界が注目:その理由とは?

テック, メディア

公開日 2015/12/02 00:30,

更新日 2015/12/02 00:30

無料記事

東アフリカの国「タンザニア連合共和国。」人類発祥の地ともいわれているタンザニアですが、世界で最も貧しいといわれている国の一つでもあり、就学率の低さや、基礎インフラの整備の遅れが大変深刻な問題となっています。

国家として多くの問題を抱えていることもあり、日本などからはマイナスなイメージで語れることが多くなりがちなタンザニアですが、今、タンザニア発のニュースアプリ「M-Paper」が、大きな注目を集めています。

タンザニアの主要新聞を全編配信するアプリ「M-Paper」

「M-Paper」は、タンザニアの主要な新聞や雑誌(46紙)を、スマートフォンを通じて全編配信するアプリです。アプリのダウンロード自体は無料で可能ですが、ニュースや雑誌を全編購読するには、課金が必要になります(一面や表紙の試し読みは無料で可能です)

タンザニアではスマートフォンのシェアーの大半をAndroidが占めているというお国事情もあり、現在、「M-Paper」のダウンロードは、Googleストアからのみ可能となっています。(対応機種もAndroidのみ)

「M-Paper」が対応している言語は、タンザニアの国語であるスワヒリ語と、公用語として使われている英語です。

アプリを通じて配信されるコンテンツは、毎晩夜にユーザーに配信されており、紙媒体として翌朝に発行される前に、コンテンツとしてユーザーに配信されています。購読料の支払いはネット送金サービースを通じて行われる仕組みとなっています。

「M-Paper」を運営するタンザニアの大手IT企業、「Smart Codes」によると、アプリ公開後から二か月で4万ダウンロードを記録したとのことです。(タンザニアの人口は5,182万人、スマートフォン使用者数は290万人です)

また、11月に南アフリカで「Apps Africa Innovation Award」も受賞しており、国際的な注目度も高まっています。

アプリ成功の背景には、タンザニアが抱える問題も

欧米のメディアがデジタル化に舵を切りつつある中で、主要なニュースや雑誌を一つのアプリから配信できるというのは、テクノロジーやコンテンツの面だけに着目すれば、このタンザニア世界的に見ても先進的なアプリであると言えるかもしれません。

しかし、タンザニアはデジタルコンテンツの先進国なのかというと、実は単純にそうだとは言えない事情もあるのです。

実は、新聞の発行部数はここ10年で東アフリカ諸国では増加傾向にあります。新聞や雑誌等、紙のメディアからどんどん読者が離れている欧米に対し、東アフリカ諸国の都市部では過半数の人がまだ紙の新聞を読んでいます。インターネットを毎日使う習慣があるという人は都市部でも6%程度です。

タンザニアは、インフラの整備が進んでいないということもあり、発行した新聞を国全土に一斉に届けることができるということが困難です。そのため、新聞を発行されたその日に読むことができる人は都市部等限られた地域にしかいませんでした。そのため、新聞を一斉に広範囲で配信できるアプリのシステムは、新聞社側にとっても好都合だったという訳です。

タンザニアのスマホの普及率自体はまだ8%なので、決して高いとはいえませんが、モバイル技術の発達が、基礎的なインフラが充分整備にされているとはいえない開発途上国に住む人たちの情報環境の改善にも寄与しているということは、注目すべき点であるように思います。

参考記事

http://qz.com/558166/this-app-is-changing-the-way-tanzania-reads-the-news/

https://www.plan-japan.org/country/cop_tanz.html

http://mpaper.co.tz/faq.html

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/tanzania/data.html#section1

http://democracyinafrica.org/newspapers-way/

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
headline 主管理者
おすすめの記事
政治・国際関係

ニュース解説:カリフォルニア州雇用法案AB-5の成立は、「搾取との闘い」か?

有料記事

9月18日、米カリフォルニア州で、ギグ・エコノミーの労働者をこれまでの「独立した請負労働者」ではなく、「従業員」として再分類する可能性のある法案が成立した。2020年1月1日より施行予定の同法案は、上···
塚本 大
管理者
政治・国際関係

ナイジェリア国民、南アフリカから一斉退避:その背景は?

有料記事

南アフリカの最大都市ヨハネスブルクや首都プレトリアなど起きた移民排斥を背景とする暴動によって、アフリカの二大経済大国であるナイジェリアと南アフリカに緊張が生じている。暴動が激化する中、9月9日にナイジ···
管理者
テック, メディア

NYTによる衝撃のFacebook暴露記事:その内容とポイントは?

無料記事

11月15日、米・New York Times(NYT)紙に衝撃的な記事が登場した。この記事は「Delay, Deny and Deflect: How Facebook’s Leaders Foug···
石田 健
テック, メディア

月は誰のものか? 宇宙を専門とする弁護士が回答する

無料記事

この写真は、おそらくこれまで撮影された国旗の中で最もよく知られたものだ。APOLLO 11 MOON LANDING / AP PRESSバズ・アルドリンが、月に立てられた初のアメリカ国旗を横にして立···
石田 健
管理者
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

ニュージーランドの移民政策:経済的事情とリベラルな国家、そして移民抑制

無料記事

十分な時間が経過していないため、断定することは危険性があるものの、白人至上主義者によるムスリムを標的としたヘイトクライムという見方が強まっている。この事件を理解するためには、ニュージーランドの移民政策···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健