ハフポ創設者、ドナルド・トランプへの報道姿勢変更を表明「彼はお騒がせ候補ではなく、危険な差別主義者」

テック, メディア

公開日 2015/12/09 03:31,

更新日 2015/12/09 03:31

無料記事

アメリカ大統領選挙に、共和党から出馬している不動産王のドナルド・トランプ氏。共和党の候補者としては支持率トップを維持していますが、過激な発言をする人物として知られており、日本で報道される時も「お騒がせ候補」として、面白おかしく報道されてきた部分が少なからずありました。

そんなトランプ氏ですが、現地時間の12月7日に、テロ対策の一環として、「イスラム教徒のアメリカへの入国を禁止」を政策として提案したことが大きな波紋を呼んでおり、身内である共和党からも同氏を非難する声が出ています。

ハフポスト創業者が批判

この発言を受け、メディアからも動きがありました。

ハフィントンポスト(以下ハフポスト)の創設者で、US版の編集主任を勤めているアリアナ・ハフィントン氏が、ハフポでのトランプ氏に対する報道姿勢を「お騒がせ候補」から「危険な候補」に変更することを明言しました。

これまでもハフポストは、トランプ氏を「通常の候補者」としては扱ってきませんでした。

今年の6月、ハフポ編集部は「世論調査でリードしているからと言って、彼を本命の候補者扱いするのはあまりにも馬鹿げている」と声明を発表して以降、トランプ氏の報道について、政治カテゴリーではなく「エンターテイメント」カテゴリーでおこなっていました。

ハフポストは、ある意味でトランプ氏を公式にお騒がせ候補扱いしていたのです。

トランプ氏の言動と報道を批判したハフィントン氏

ハフィントン氏は、これまでもトランプ氏が差別的な発言をしてきたことは明白だと述べた上で、

「彼がメキシコ系の人々に対して差別的な発言したときはメディアがこぞって批判したが、今やメディアも彼を候補者として疑問視することをせず、『トランプがまたやらかした』ということで全てが許されている。

そんなメディアの報道によって彼の支持率は未だに高くなっている。これは憂慮すべきことだ」

とハフポストの公式ブログで明言。

また「彼が行ったイスラム教徒やメキシコ系アメリカ人、障害者に対する差別的な発言は、絶対に許されない」とし、「メディアは視聴率稼ぎのために、彼の虚言や差別的な発言をひたすら流し続け、彼の言動を正当化する機会を与えてしまっている」と批判しました。

「メディアは政治家の発言に厳しくあるべき」

ハフィントン氏は「かつてのように、メディアは政治家から恐れられる存在であるべきだ。人種差別主義者や性差別主義者は、堂々と非難するべきだ」としています。

また、「共和党からはトランプ氏以外からも差別的な発言が出ている」と共和党全体を批判した上で、「トランプ氏や他の共和党の候補者を選べば、アメリカが悲惨なことになるということを伝えることを躊躇するつもりはない」とブログの記事は結んでいます。

元々、リベラルなスタンスで知られていたハフポストですが、ここまで明確にスタンスを表明することは珍しい気もします。

参考記事

http://www.huffingtonpost.com/arianna-huffington/a-note-on-trump_b_8744476.html?ncid=fcbklnkushpmg00000063

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
headline 主管理者
おすすめの記事
社会

アフター・コロナに生じる変化 - 3つの分類による検討 -

無料記事

前回、ニューノーマルについて「変化が起きるには時間がかかり、問題は従来から起きていた経済的格差である」という主張をおこなった。今回は、その変化について詳細に検討していく。すでに「アフター・コロナ後の世···
石田健
政治・国際関係

コロナによるニューノーマル、その批判と新しい「大きな政府」

無料記事

ニューノーマルという単語が注目を集めている。「新たな常態」を意味するこの言葉は、アフター・コロナとともに、新型コロナウイルスが終息した後の世界が全く新しい常態に生まれ変わるのではないか?という、ある種···
石田健
テック, メディア

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健