ついにサトシ・ナカモト判明?オーストリア当局、ビットコイン発明者とされる人物宅を家宅捜査

テック, メディア

公開日 2015/12/10 01:32,

更新日 2015/12/10 01:32

無料記事

英・Guardianなどによれば、オーストラリア警察は13時30分(現地時間)より、ビットコイン発明者ではないかと噂される人物クレイグ・ライト氏の自宅を家宅捜索しています。

それによれば、現在10人以上の警察官が、シドニー郊外にある同氏所有の邸宅を家宅捜索しているようです。

Bitcoinの発明者は日本人ではない?

Bitcoin発明者に関しては、これまでサトシ・ナカモトの名前が上がってきましたが、本名や国籍など、詳しいことは何も分かっていませんでした。同名の無関係な人物が、激しいメディア攻勢にあったことも記憶に新しいかもしれません。

こうした中で米・Gizmodoは、クレイグ・ライトと名乗る人物のオーストラリア税務局における面談記録を公開。これは、オーストラリア税務署で、昨年2月におこなわれた面談であると説明されています。

インタビューの中でクレイグ・ライトと名乗る人物は、「2009年からビットコインの発明者であることを隠してきたが、いつかは世界中の人にそのことが知られることになるでしょう」と語っています。

一方のオーストラリア税務局は「この件についてコメントできない」としています。

(こちらはクレイグ・ライト氏が、ビットコイン関連カンファレンスで語る映像)

サトシ・ナカモトとクレイグ・ライトの関係は?

2014年に発表されたGizmodoの調査報道によれば、サトシ・ナカモトの弁護士がクレイグ・ライトという人物だった可能性が指摘されていました。こうした繋がりからも、今回の報道を信憑性のあるものと考える人は少なくないようです。

そして米・Wiredは、クレイグ氏がサトシ・ナカモトであると3つの証拠を挙げて強く主張しています。具体的には、ブログの記載内容やメールアドレス、そして削除されたブログ記事です。

他にも、Wired誌はリークされた文面や、クレイグ氏の資産などから考えても、彼がサトシ・ナカモトと深い関係を持っている可能性があると述べています。(ただし一方で、これが “でっちあげ” の可能性も否定していません)

現在のところは、クレイグ・ライト氏が何者なのかということについて(偽名なのかも含め)、全貌は明らかになっていないようですが、再びこの話題が騒がしくなってきました。

ちなみに、ビットコイン・コミュニティーはどうやら今回のニュースに対して、冷静な反応。幾度となく、サトシ・ナカモトの正体が噂されて、その度に消えていったこともあり、また同時に、ビットコインがもはやサトシ・ナカモトという表象を必要としないほどに、人口に膾炙したからだと言えるかもしれません。

参考記事

http://www.theverge.com/2015/12/8/9875898/bitcoin-creator-craig-wright-house-raised-police

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
headline 主管理者
おすすめの記事
政治・国際関係

ロシアの秘密部隊29155部隊とは何か?アフガニスタンでの米兵殺害指令の背後に影

有料記事

2019年4月、アフガニスタンにあるバグラム空軍基地近くで自動車が爆発し、3人の米兵が亡くなった。この基地は米軍の主要拠点として、たびたびタリバンによる攻撃の標的にされてきたが、こうした有志連合の兵士···
徳安憲一
石田健
政治・国際関係

トランプ大統領、そもそも二期目当選に興味がない?

有料記事

2020年11月におこなわれるアメリカ合衆国大統領選挙に向けて、ドナルド・トランプ大統領にとってネガティブな世論調査結果が報じられる中、大統領は2期目の意欲を失っているという報道が相次いでいる。一体、···
石田健
テック, メディア

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か(4)

無料記事

― (3)より続く初期の製品と顧客(2008-2010年)ウェブサイトでいくら自画自賛を続けても、カープたちが契約にこぎつけるのは難しかった。彼らは300回以上のミーティングを繰り返し、政府のヒエラル···
石田健
長野壮一
テック, メディア

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か(3)

無料記事

― (2)より続く同時多発テロ以後の世界1989年、ベルリンの壁崩壊が冷戦後の世界の起点となったとすれば、2001年もまた重要な時代区分の1つである。ソ連崩壊後、しばらく続いていた唯一の超大国としての···
石田健
長野壮一
社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···
金子侑輝
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健