Vice、雑誌「VICE MAGAZINE」を来年3月にリニューアル

公開日 2015/12/21 15:35,

更新日 2015/12/21 15:35

無料記事 / テクノロジー

世界展開やケーブルテレビへの進出の発表、さらにはパリ同時多発テロに巻き込まれたイーグルス・オブ・デス・メタルに独占インタビューを行うなど、今年1年大きな話題を集めた新興メディア「Vice」。

ネットメディアの代表格として見られがちなViceですが、元々は1994年にカナダのモントリオールで創刊されたパンク雑誌です。現在は主に無料の月刊誌として、全世界で100万部を発行しています。

ネットメディアやテレビメディアとして、2016年はViceが転機を迎える一年になりそうですが、そんな2016年に、雑誌のViceもリニューアルされることになりました。

2016年3月にリニューアルされる「VICE MAGAZINE」

NEWS! Very happy to share this: We Are Redesigning @vice Magazine in 2016 https://t.co/1oll08U28npic.twitter.com/tTUYWroUGK

— Erika Allen (@EriFaith) December 17, 2015

 

月刊誌「VICE MAGAZINE」の編集主任を務めるエリス・ジョーンズ氏は、Vice公式サイトに声明を発表。2016年の1月と2月には雑誌を休刊し、3月にリニューアルして新たに最スタートを切ることを明らかにしました。

ジョーンズ氏は、声明の中で以下のように述べています。

「三人の青年が立ち上げた雑誌としてスタートしたViceは、今や30カ国で展開するグローバルなメディアネットワークになりました。来年にはテレビ局、Vicelandも開局します。

しかし、雑誌はいつもViceの心臓部であり続けてきました。Viceが様々な話題を深く追及していく場の中心にしてきたのは、いつも雑誌でした。Viceが最も重要だと考える話題を取り上げてきたのも、いつも雑誌でした。

Viceには、雑誌としても成長する可能性が大いにあるということは、これを読んで下さっているみなさんなら私と共有して下さっている想いですよね?そこで、全世界で、VICE MAGAZINEを来年の3月からリニューアルすることにしました。」

カルチャーの記事の充実を図る方針

ジョーンズ氏は、これまでのライターやアーティストは今まで通りVICE MAGAZINEに残り、これまで通りの記事や連載、特集記事の執筆を続けていくとした上で、「これからはカルチャーに関する記事を大幅に増やしていく」としています。

また、「新たな視点を積極的に取り入れる」としており、「セックス(セクシュアリティ)やファイナンス、他にも多くの話題を掘り下げてくれるコラムニストたちを迎える予定」としています。

ウェブ版とも積極的に連携

ジョーンズ氏は「Viceのウェブ上のデジタルチャンネルもこれからは積極的に雑誌に関わっていく」とした上で、デジタルチャンネルで展開されている音楽やサイエンス、テクノロジー、女性の問題(フェミニズム)の話題も雑誌上で積極的に展開していくとしています。

Viceは現在、雑誌のための編集スタッフやライターの採用を行っている最中であるとの報道も出ていますが、無料の月刊誌でどれほどの利益が出ているのかは明らかにしていません

日本を含め、雑誌を休刊してデジタルに完全移行する動きも強まっている昨今において、このViceの動きは注目に値するのではないかと思います。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
SNSでおすすめする
著者
headline 主管理者
最新情報を受け取る

Twitterをフォローして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事

医療崩壊とは何か?曖昧な定義がもたらす3つの懸念

有料記事 / 社会

大手報道機関などでも、昨年春の新型コロナウイルスの流行に伴って、医療崩壊という用語が使われている。また昨年末から今年はじめにかけても、感染者の増加に伴って、この用語が再び注目を集めている状況だ。 しか···

1月15日に知っておきたいニュース

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんにちは、編集長の石田です。週末ですが、金曜日のニュースまとめをお届けします。最後にこちらを確認していただき、次は週明けにお会いしましょう〜!Twitterは常時更新しています。1. World H···

反トラスト法とは何か?Googleは分割されるのか?

有料記事 / テクノロジー

米・司法省は20日、Google社がインターネットにおける検索や広告において、独占的な地位を利用して適切な競争を妨げているとして、反トラスト法違反の疑いで提訴した。Googleは、なぜ提訴されたのだろ···

なぜ政府やAppleは、市民の健康に介入するのか?

有料記事 / テクノロジー

現地時間の2020年9月15日、Appleはシンガポール政府との健康イニシアチブに関するパートナーシップ締結を発表した。この健康イニシアチブでは、医師や公衆衛生の専門家との協力で作成されたLumiHe···

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事 / 社会

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事 / 政治・国際関係

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事 / 社会問題・人権・環境

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事 / 社会問題・人権・環境

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事 / 政治・国際関係

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···