無料動画が未だに主流のインド;有料のストリーミングが流行る日は来るのか?

テック, メディア

公開日 2016/01/01 01:17,

更新日 2016/01/01 01:17

無料記事

今年は、Netflix やAmazon Primeの日本上陸のニュースなどがありました。ここ数年のスパンでみると、Huluの日本進出やdtv、ニコニコ動画のプレミアム会員制度の誕生などもあり、日本でも有料のストリーミング・サイトが一般的になりつつあります

アメリカや日本等でストリーミング・サイトが展開している一方で、有料のストリーミング配信の事業が立ち遅れている国もあります。そのひとつが、人口12億人のインドです。

人口だけで見れば、市場としてのポテンシャルはかなり高そうなインドですが、動画のビジネス市場となるためには、まだ多くの課題があるようです。

コンテンツに課金する文化が無いインド:インフラも不充分

インドは、「コンテンツを消費するために課金をする」という文化がまだ定着しておらず、有料コンテンツのビジネスが発展するための基礎的なインフラも整っていません。

アメリカ等とちがい、無料の地上波のコンテンツに勢いがあり、インドの人たちは多くのテレビ番組や映画をまだ従来のテレビ放送を通じて楽しんでいます。

また、ケーブルテレビの料金は月額米ドルで2~3ドルと大変安く、その基本料金に50セントを課金すれば映画も見放題です。

ケーブルテレビの料金が安い一方、スマートフォンの定額サービスなどがまだ普及していないため、スマートフォンで動画視聴を手軽に行うにはハードルがまだ高いという現状もあります。

更に、殆どのインド人はクレジットカードを持っておらず、ネットを通じて支払いができるようなサービスもインドにはまだないため、コンテンツに課金をすること自体がまだインドでは困難なのです。

YouTubeの無料動画は定着しているインド

テレビが強いとはいえ、インドにもネットで動画を視聴する習慣はあります。動画サイトとして一番の人気を誇っているのはやはり YouTubeです。

インドでは、多くのテレビ局が、過去に放送した番組の配信をYouTubeで行っています。インドのテレビ局では、過去に放送した番組の再放送を行うという慣例がないため、これに目をつけたGoogleが、過去に放送した番組の配信を行うように働きかけたというのがその背景です。

テレビ番組等の無料コンテンツが充実していることもあり、インド人のYouTube視聴時間は毎年80%ほど増加しています。

その一方で、ユーチューバー等のスポンサーになっている企業はまだ少なく、スポンサーから得られる広告収入はアメリカの10分の1程度に留まっています。

課金の取り組みを始めようとする企業も

現状では、無料動画が主流のインドですが、有料のプレミアムサービスをはじめようとする動きもあります。

ボリウッド最王手の映画スタジオ「Eros International」は、昨年から自社の無料ストリーミング・サイトで、配給権を所有するコンテンツの配信を行っています。

これまで無料のコンテンツのみを配信してきましたが、来年の1月にオリジナルドラマが配信されるのを契機に、有料のプレミアム会員の制度の開始を検討しています。

具体的には、「広告なしで動画が視聴できる」「高画質で視聴できる」などといった有料会員向けの優遇策が検討されています。(利用金は米ドルで月額75セント~1ドル50セント程度が検討されています)

また、動画の有料化を徐々に進め、5年後には、Eros Internationalの事業収入の半分程度をストリーミングのサービスを得られるようにしたいとしています。

来年にはNetflixのインド進出も予定されています。来年は、インドでも有料ストリーミングの動画配信が広がる一年になるのでしょうか?

参考記事

http://www.bendbulletin.com/business/3857383-151/free-video-in-india-a-headache-for-media

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
headline 主管理者
おすすめの記事
テック, メディア

ソフトバンク出資のBrandless、破綻した理由:低いロイヤリティ、CBDへの進出

有料記事

SoftBank Vision Fund(SVF)から2018年7月、評価額5億ドルで2億4000万ドルを受けとったBrandlessが、事業閉鎖に至った。WeWorkやWag!などSVFの投資先には···
石田 健
編集長より

パパ活試論 - 1

無料記事

2017年にテレビドラマの名前として冠されるなど、パパ活という言葉は人口に膾炙した感がある。一方、その定義は曖昧なままである。ただの「善意による援助」なのか、「下心を含めた投資」なのか、はたまた援助交···
石田 健
テック, メディア

Uber Eats、インド事業を売却:Googleも参入へ

有料記事

日本でも、街中でUber Eatsを見かけることは日常茶飯事となった。上場したUberにとって、デリバリー領域は株主からの熱い期待を背負っていたが、彼らはいま米国外で苦戦を強いられている。Uber E···
井川優斗
テック, メディア

なぜ世界を理解しなくてはいけないのか、中田敦彦氏のYouTube問題(前編)

無料記事

YouTube上で、歴史や哲学などの「授業」をおこなっているタレント・中田敦彦氏が批判を集めている。中田氏の是非はさておき、本件はメディアにおける構造的な問題を示唆している。コンテンツは・生産(クリエ···
石田 健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健