Politicoに大激震?CEOをはじめとする幹部メンバーが退社の意向  

公開日 2016年02月09日 20:43,

更新日 2021年10月15日 19:44,

無料記事 / テクノロジー

Politicoの創業者で現CEOのJim VandeHei氏が、大統領選挙終了後に、Politicoを退社する意向であることが明らかになりました。

また、Politico創業時からPoliticoを支えてきた政治記者のMike Allen氏らをはじめとする、他の幹部のメンバーも、VandeHei氏に追従して退社する意向を明らかにしています。

創業から9年目迎えるPoliticoですが、一体何があったのでしょうか?

「新たな冒険を求めて..」

1月28日、VandeHei氏は社員向けに発表した声明の中で、今年のアメリカ大統領選挙終了後にPoliticoを退社する意向であることを正式に表明。

また、COOのKim Kingsley氏、最高売上責任者(CRO)のRoy Schwartz氏、上級副社長のDanielle Jones氏、そしてAllen氏も「これからは彼ら自身の新たな冒険を求めることになった」として、退社する意向であることを明らかにしました。

大統領選挙の投票は11月に実施されますので、退社は11月ごろになるものと思われます。

関係者は、ハフポストのUS版の取材に対し、「オーナー側と、予算の使い方についてかなりもめていた」と語っています。

 新規メディア(ベンチャー)立ち上げ?政界進出?:退社する幹部たちの今後

先ほどの関係者は、退社するメンバーが、新たなメディアの立ち上げを目指しているとも語りました。

「マイク(Allen氏)は、他の退社する面々と一緒に、新しい報道機関を立ち上げると言っていた。ただし、Politicoのライバルになるようなメディアを立ち上げることは考えていないようだ」(関係者の発言)

加えて関係者は、 VandeHe氏が、「地元のウィスコンシン州から選挙に出馬する意欲があるということも語っていた」と証言しています。

VandeHe氏自身は、声明の中で「退社後は新たなベンチャーを始めることを計画している」と語っています。

VandeHei氏とAllen氏は、 Politicoの立ち上げメンバーであると同時に、Politicoで最も人気の高いブロガーでもあります。

創業者であり、人気ブロガーの彼らが去った後のPoliticoの行方に注目したい所です。(最も、彼らの退社前には、大統領選という長い目玉イベントが控えていますので、「そんな先のこと言っている暇ない!」という心境かもしれませんが..)

参考記事

http://www.huffingtonpost.com/entry/politico-co-founder-jim-vandehei-expected-to-leave-in-possible-shakeup_us_56aa9929e4b077d4fe8d7134

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事