マヤ文明を少年が発見!!!→専門家「ちょっと落ち着こう」→でも結果は・・?

テック, メディア

公開日 2016/05/13 05:55,

更新日 2016/05/13 05:55

無料記事

先日、「カナダ人の少年、星座の並びをヒントに古代マヤ文明の都市を発見!!」という記事が日本でも話題になったが、残念ながら事態は予想外の方向に向かっている。

そもそもの発端は?

このニュースは、カナダ・ケベック州の15歳の少年ウィリアム・ガドリーさんが、古代マヤ遺跡が「星座の並びを模して配置されている」という仮説を立て、Google Mapで調査を行ったことが発端。

彼は、この仮説をカナダ宇宙庁に報告。すると詳細な衛星写真から、メキシコ・ユカタン半島にあるジャングルの中に、古代文明の遺跡のようなものがあることを発見。これが一躍世界中で報道され、称賛の声が集まりました。

専門家から懐疑的な声

ところが、これに懐疑的な声が続々と集まります。そもそも、ガドリーさんの発見したものは「単なるトウモロコシ畑」ではないかとされ、加えて同時代のマヤの人々は、星座を元に居住地を決定していたとは考えづらいという指摘です。

米・Gizmoodは、南カリフォルニア大学の人類学者トーマス・ギャリソン氏の指摘を紹介しており、「若い子供の努力を称賛しており、若者によるリモートセンシング・テクノロジーへの興味を嬉しく思っている」と述べた上で、「しかしながら、リモートセンシング・テクノロジーには地上での調査が欠かせない」とものべています。

ギャリソン氏は、「この若い学者が、大学で彼の関心を追求してくれることを願っている」ともコメントしています。

また他の専門家らも、マヤ文明の人々は星座や天文学についても詳しい知識があったものの、彼らの星座については現在もわかっていないことが多く、そもそも現在の星座とは配置が異なるため、両者を整合するのは困難だと指摘しています。

真実は現地調査を待つ必要が

専門家による懐疑的な声が続いているものの、そんな専門家が一様に指摘するのは、少年の探究心と仮説検証の姿勢、そして情熱の素晴らしさ。喜ばしいことに、少年には宇宙考古学者らの国際コミュティから学会の招待状なども届いており、彼の追求と夢をサポートしていく模様。

残念ながら今回の発見は事実ではない可能性も高まっていますが、彼の学問に対する関心が続いていくことを専門家たちは期待しているようです。

また一方で、マヤ文明の専門家に対する十分な裏取りがないままに、世界中に「少年がマヤ文明を発見!」という報道を広めたメディアに対しては、少々手厳しい声も集まっています。

実際に、これがマヤ文明の遺跡なのかトウモロコシ畑なのかは、現地調査を待つ必要がありますが、有望な少年の未来にも注目が集まります。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

ニュース解説:カリフォルニア州雇用法案AB-5の成立は、「搾取との闘い」か?

有料記事

9月18日、米カリフォルニア州で、ギグ・エコノミーの労働者をこれまでの「独立した請負労働者」ではなく、「従業員」として再分類する可能性のある法案が成立した。2020年1月1日より施行予定の同法案は、上···
塚本 大
管理者
政治・国際関係

ナイジェリア国民、南アフリカから一斉退避:その背景は?

有料記事

南アフリカの最大都市ヨハネスブルクや首都プレトリアなど起きた移民排斥を背景とする暴動によって、アフリカの二大経済大国であるナイジェリアと南アフリカに緊張が生じている。暴動が激化する中、9月9日にナイジ···
管理者
テック, メディア

NYTによる衝撃のFacebook暴露記事:その内容とポイントは?

無料記事

11月15日、米・New York Times(NYT)紙に衝撃的な記事が登場した。この記事は「Delay, Deny and Deflect: How Facebook’s Leaders Foug···
石田 健
テック, メディア

月は誰のものか? 宇宙を専門とする弁護士が回答する

無料記事

この写真は、おそらくこれまで撮影された国旗の中で最もよく知られたものだ。APOLLO 11 MOON LANDING / AP PRESSバズ・アルドリンが、月に立てられた初のアメリカ国旗を横にして立···
石田 健
管理者
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

ニュージーランドの移民政策:経済的事情とリベラルな国家、そして移民抑制

無料記事

十分な時間が経過していないため、断定することは危険性があるものの、白人至上主義者によるムスリムを標的としたヘイトクライムという見方が強まっている。この事件を理解するためには、ニュージーランドの移民政策···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健