VICE、一挙に50カ国以上で展開へ:インド・イラン・タイ・アフガニスタンでも

公開日 2016年06月22日 22:20,

更新日 2016年06月22日 22:20,

無料記事 / テクノロジー

日本でも、abematvでVICEが放送されていますが、彼らはさらに50カ国以上でテレビ番組とデジタルサービスをスタートするそうです。中東やアフリカ、インド、東南アジアなどの地域で続々と展開していくことになっており、各国ではメディアパートナーとパートナーシップを締結していく模様。

またオーストラリアやニュージーランド、カナダなどの既存マーケットでも攻勢を強めていくそう。

30カ国から80カ国へ

もはや新興メディアとも言えないVICEですが、現在の約30カ国から80カ国以上へと拡大することが決まっており、野心的な計画となっています。ニュースやライフスタイル、文化、娯楽番組などを提供している彼らのテレビチャンネル「Viceland」は、44カ国に展開します。

水曜日のカンヌライオンズに登場したシェーン・スミスCEOは、デジタルメディアの競争が今後より激しくなる(というか勝敗が決する)ことを予測していました。今回の発表は、その予想に自ら真実味を加えそうな感じですね。

ヨーロッパから中東・アフリカへ

3月には英・SKY放送と提携して、英国とアイルランドで開始されたVICEですが、その後ロシアや東欧に拡大。

またメディア王のルパート・マードックが出資している Moby media group と提携したことで、イラン・エジプト・サウジアラビア・アフガニスタンを含む中東12カ国でも展開します。

インドでは、英・タイムズ社と組んでローカルコンテンツを中心に、アフリカではナイジェリア、ジンバブエ、エチオピア、ケニアなど17カ国で24時間放送のVicelandを展開するそうです。

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事