ニュースアプリCirca、夏に復活予定:でもどうなの・・・?

テック, メディア

公開日 2016/07/05 05:06,

更新日 2016/07/05 05:06

無料記事

公式サイトでもすでにアナウンスされていますが、昨年シャットダウンしてしまったニュースアプリCircaが、今年の夏に復活します。

Circaといえば、人力の編集部によってニュースが編成され、カード形式のモバイルフレンドリーなUXが(主に業界人から)受けていましたが、資金難に直面して閉鎖。ところが、アメリカ大手Sinclair Broadcast Groupの支援を受け、John Solomon氏をChief Creative Officerとして再スタートを切るようです。

Solomon氏は、Washington TimesでVPを務めた人物で、Circaをモバイルとソーシャルメディアを重視した動画メインのサービスとして生まれ変わらせる方針。70名ほどのジャーナリストも雇用していく予定なんだとか。

その成否は不明

個人的にCircaは好きなサービスでしたが、現状の方針ではあまりうまくいくイメージが湧いていません。すでに、モバイル×動画の分野ではNowThisなどがいますし、大手メディアも十分にモバイル・ソーシャルメディア最適化を進めているからです。もちろん動画含め。

TV局というアセットがある中で、一定以上の成果は見せるかもしれませんが、それをCircaブランドでやる必要があったかというと、よくわからないという感じです。

そういえばPrismaticも

Prismatic-2-930x512

ちなみに、ニュース分野で好きだけど閉鎖してしまったサービスとしてはPrismaticがあります。

両者ともに(そのままだと)マネタイズが見えずらくアップサイドも見えやすいサービスではあるので、市況感を考えると、シャットダウンしても全然おかしくないサービスではあったとは思います。

とはいえCircaもPrismaticも、コンテンツ・デリバリーのあり方について、実験的な試みをしたプロダクトであったとは思います。また今後、よりAIに注力し、コンテンツ・デリバリーについて新たなアプローチを取るような類似サービスは出てくるはずです。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

ニュース解説:カリフォルニア州雇用法案AB-5の成立は、「搾取との闘い」か?

有料記事

9月18日、米カリフォルニア州で、ギグ・エコノミーの労働者をこれまでの「独立した請負労働者」ではなく、「従業員」として再分類する可能性のある法案が成立した。2020年1月1日より施行予定の同法案は、上···
塚本 大
管理者
政治・国際関係

ナイジェリア国民、南アフリカから一斉退避:その背景は?

有料記事

南アフリカの最大都市ヨハネスブルクや首都プレトリアなど起きた移民排斥を背景とする暴動によって、アフリカの二大経済大国であるナイジェリアと南アフリカに緊張が生じている。暴動が激化する中、9月9日にナイジ···
管理者
テック, メディア

NYTによる衝撃のFacebook暴露記事:その内容とポイントは?

無料記事

11月15日、米・New York Times(NYT)紙に衝撃的な記事が登場した。この記事は「Delay, Deny and Deflect: How Facebook’s Leaders Foug···
石田 健
テック, メディア

月は誰のものか? 宇宙を専門とする弁護士が回答する

無料記事

この写真は、おそらくこれまで撮影された国旗の中で最もよく知られたものだ。APOLLO 11 MOON LANDING / AP PRESSバズ・アルドリンが、月に立てられた初のアメリカ国旗を横にして立···
石田 健
管理者
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

ニュージーランドの移民政策:経済的事情とリベラルな国家、そして移民抑制

無料記事

十分な時間が経過していないため、断定することは危険性があるものの、白人至上主義者によるムスリムを標的としたヘイトクライムという見方が強まっている。この事件を理解するためには、ニュージーランドの移民政策···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健