なぜトルコの憲法改正に注目するべきなのか?[ニュース解説]

政治・国際関係

公開日 2017/04/19 03:14,

更新日 2017/04/19 03:14

無料記事

トルコで16日、大統領権限の強化を目指した国民投票がおこなわれ、51.4%の賛成派が僅差で勝利した。賛成キャンペーンを推し進めたエルドアン大統領の権限強化は、トルコ国内外から注目が集まっている。

背景・経緯

  • 周辺のイスラム諸国とは異なり、トルコは政治と宗教の分離を基本とした民主的な体制。
  • しかし2016年7月の軍事クーデター未遂以来、エルドアン大統領による強権的な動きが強まっており、野党やメディアへの締め付けも継続。

今回の憲法改正のポイント

こうした中で進められる憲法改正案は、議院内閣制の廃止と大統領への行政権の集中がポイント。エルドアン大統領も、最長で2029年まで大統領職に留まれる。

影響・今後のシナリオ

  • 内戦が続くシリアなど中東諸国と、ヨーロッパ双方に国境を接しているトルコは、国際社会がシリア介入やIS対策をおこなう上でも大きな意味を持つ国。
  • トルコ国内の分断以外にも、ヨーロッパはエルドアン大統領による強権化に批判を強めており、トルコのEU加盟に影響が出ることは確実。
    中東と欧州の関係、国際社会への影響などから今後のトルコ情勢に注目が集まる。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

テスト - なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

有料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
政治・国際関係

ニュージーランドの移民政策:経済的事情とリベラルな国家、そして移民抑制

無料記事

十分な時間が経過していないため、断定することは危険性があるものの、白人至上主義者によるムスリムを標的としたヘイトクライムという見方が強まっている。この事件を理解するためには、ニュージーランドの移民政策···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
テック, メディア

月は誰のものか? 宇宙を専門とする弁護士が回答する

無料記事

この写真は、おそらくこれまで撮影された国旗の中で最もよく知られたものだ。APOLLO 11 MOON LANDING / AP PRESSバズ・アルドリンが、月に立てられた初のアメリカ国旗を横にして立···
石田 健
政治・国際関係

香港:なぜ「一国二制度」は崩壊しかかっているのか

無料記事

[訳者注]21日夜、香港政府の報道官は「逃亡犯条例」改正案について、来年7月に廃案になる声明を発表した。しかし改正案の撤回及びキャリー・ラム(林鄭月娥)行政長官の辞任は否定しており、26日にもデモが予···
石田 健