ディズニーによるコンテンツ引き上げは、Netflixにどれほど影響を与えるか

テック, メディア

公開日 2017/08/15 08:18,

更新日 2017/08/15 08:18

無料記事

2019年よりディズニー社は、新作映画のNetflixに対する配信を停止すると発表し、独自のストリーミングサービスを始めることを明らかにしました。

ディズニー社はディズニー作品のみならず、スポーツ専門チャンネルのESPN、『スパイダーマン』や『アイアンマン』などのMarvel、『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』のPixar、そしてスター・ウォーズなどの権利を持っており、豊富なコンテンツが強みです。

Netflixの未来に暗雲?

現状では大きく2つの論調があります。1つはNetflixといえども、ディズニー作品の引き上げは打撃になるのではないかという懸念です。

BARRONSの主張によれば、同社はオリジナル作品をほとんど持っておらず、契約解除を通告された場合は為す術がなく、将来的にはAmazonやAppleなど、他のストリーミングサービスとの厳しい競争に晒されるということです。

同誌は、Netflix株が50%下落する可能性もあると述べており、かなり悲観的な見方をしています。

オリジナル作品は存在感

しかし一方で、反論するアナリストは大きく2つの理由から楽観的な見方をしています。

  • 1つは、ディズニーの問題はアメリカ国内に限っている点です。同社の成長は、いまや国際展開によって支えられているため、今回の契約終了によって大きな影響が出るわけではないということです。
  • もう1つは、Netflixも早くから問題を認識しており対応も十分だという点です。実際彼らは、30億ドルもの負債によってオリジナル作品への投資を進めており、2016年に最も検索された10番組のうち、5つはオリジナル作品でした。

リスク要因は2つ

ディズニーは2017年も『美女と野獣』にはじまり、『パイレーツ・オブ・カリビアン』および『スパイダーマン』シリーズ最新作の成功など、記録的なヒットを続けています。世界最大のコンテンツ・ホルダーとの契約終了は、限定的とは言えNetflixにとって間違いなく打撃となるでしょう。

しかしNetflixは、大手コミックス出版・Millarworldの買収など、積極的なコンテンツおよびIP獲得を進めており、中・長期的には正しい戦略を打っているため、クリティカルな問題を生むとは思えません。

むしろディズニー以上に大きなリスク要因は、大きく2つ考えられます。

  • 1つはディズニーに限らず大手コンテンツ・ホルダーが、NetflixやAmazonなどに対して交渉力を強めることで競争が激化し、コンテンツの調達コストが上昇することです。
  • そしてもう1つは、国際展開においてもインドのErosやアジアのIflixのように競合が成長していることで、Netflixの国際展開にとって障害になり得ます。

こうした点から、Netflixが一人勝ちしている現状からストリーミング・サービスの乱立という未来が想定されます。コンテンツが各サービスに分散することは消費者にとって望ましくなく、長期的には統合が進むでしょうが、それまではNetflixの株価にとって不安定な時期が続くかもしれません。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
テック, メディア

ソフトバンク出資のBrandless、破綻した理由:低いロイヤリティ、CBDへの進出

有料記事

SoftBank Vision Fund(SVF)から2018年7月、評価額5億ドルで2億4000万ドルを受けとったBrandlessが、事業閉鎖に至った。WeWorkやWag!などSVFの投資先には···
石田 健
編集長より

パパ活試論 - 1

無料記事

2017年にテレビドラマの名前として冠されるなど、パパ活という言葉は人口に膾炙した感がある。一方、その定義は曖昧なままである。ただの「善意による援助」なのか、「下心を含めた投資」なのか、はたまた援助交···
石田 健
テック, メディア

Uber Eats、インド事業を売却:Googleも参入へ

有料記事

日本でも、街中でUber Eatsを見かけることは日常茶飯事となった。上場したUberにとって、デリバリー領域は株主からの熱い期待を背負っていたが、彼らはいま米国外で苦戦を強いられている。Uber E···
井川優斗
テック, メディア

なぜ世界を理解しなくてはいけないのか、中田敦彦氏のYouTube問題(前編)

無料記事

YouTube上で、歴史や哲学などの「授業」をおこなっているタレント・中田敦彦氏が批判を集めている。中田氏の是非はさておき、本件はメディアにおける構造的な問題を示唆している。コンテンツは・生産(クリエ···
石田 健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健