ベンチマーク、今度はUberの取締役会からアリアナ・ハフィントンを追い出したい?

公開日 2017年08月16日 18:10,

更新日 2017年08月16日 18:10,

無料記事 / テクノロジー

Uberの初期からの投資家であるベンチマーク・キャピタルによる、前CEOトラビス・カラニックへの訴訟など、混乱が続いているUber社。今度はそのベンチマークが、取締役会メンバーのアリアナ・ハフィントン氏を追い出したいと考えているようです。

これはRecodeが報道したもので、シェルパ・ベンチャーのシェルビン・フィシェバー氏が主張しています。

背景・経緯

  • フィシェバー氏によれば、ベンチマーク社はハフィントン氏を取締役会から追い出したいと考えており、彼女に対して「非常に軽蔑的な発言」をおこなったということ。
  • ハフィントン氏は、世界的な新興メディアとして知られるHuffington Postの創業者。Uberにセクハラ問題が持ち上がった際、同社の社内文化を調査・是正するため取締役会メンバーに就任しました。

影響

  • フィシェバー氏による主張の真偽は不明ですが、CEOの辞任後、Uberは取締役会メンバーによる非難の応酬が続いており、ほとんど統制が取れていません。
  • 世界最大の未公開企業で生じた醜聞は、Uberに限った問題ではなく、ベンチャーや市場全体にも影響を与えることが予想されます。

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事