Facebook、マーケットプレイス機能を小売業者などにも開放

公開日 2017年08月19日 16:57,

更新日 2017年08月19日 16:57,

無料記事 / テクノロジー

昨年10月、Facebookは「マーケットプレイス」機能をリリース(日本では未公開)しましたが、今後は小売業者やプロフェッショナルに向けて開放することが明らかになりました。

背景・経緯

  • Recodeによるデボラ・リウ副社長へのインタビューでは、これまでユーザー個人だけが出品できていたマーケットプレイスに、チケット販売や小売店の商品などが追加されているそう。
  • マーケットプレイスでは中古車も人気を集めており、パートナーの名前は明かされなかったものの、Facebookが中古車ディーラーと提携して、マーケットプレイスで販売される予定です。また同様の動きは、不動産にも広がっていく予定。

影響

  • 日本では、フリマ市場はメルカリが圧倒的な位置を占めていますが、アメリカでは「クレイグスリストの競合」として報道されています。
  • アジアの幾つかの国ではInstagramを介した取引が広がっていますが、Facebookにとってマーケットプレイスと決済は、大きな悲願。北米におけるARPU(ユーザーあたり広告売上)が減速を迎える見込みとなっており、新たな収益の柱に注目が集まります。

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事