Googleのロビイング費用、全米トップに躍り出る

テック, メディア

公開日 2017/08/22 04:04,

更新日 2017/08/22 04:04

無料記事

ワシントンD.C.におけるGoogleのロビー活動費用が過去3ヶ月で600万ドルに達し、全米で最もロビー活動に費用を投入している企業になったことを英・ガーディアン紙が伝えています

政府の規制に直面するGoogle

検索のみならず、YouTubeやAndroidなどのプラットフォームにおいて10億人を超えるユーザー数を誇っているGoogleですが、その強大さ故に、近年ではプライバシー規制や独占禁止法といった問題に直面しています。

最近では、トランプ大統領の顧問を務める著名投資家のピーター・ティール氏が、Googleなどの企業はその独占的な地位によって得ている利益を阻害されたくないために「嘘をついている」と批判していることからも、IT企業と政治の関係が重要な曲面を迎えていることが伺えます。

IT企業にも広がるロビー活動

そうした政治的局面において、特に米国ではロビー活動が非常に大きな影響を与えます。日本ではあまり馴染みのないロビー活動ですが、その最たる例としてしばしば取り上げられるのが、2008年から2009年にかけて発生したサブプライムローン問題です。

米国では、世界恐慌の際に銀行が証券取引を行うことを禁止する法律が制定されていましたが、10年間にわたって巨額のロビー費用が投入された結果としてこの法律は廃止され、その後の金融危機の引き金になったとされています。

金融業界のみならず、石油産業や航空分野では、法律の制定や改定が特定の企業に有利に運ぶような「根回し」とも言えるロビー活動が盛んに行われていましたが、近年ではシリコンバレーのIT企業でも同様の動きが活発になっています。

増大するロビー活動費用

政治献金情報データベースOpenSecretsのデータからは、Googleが、米連邦取引委員会(FTC)による監視が強まった2011年から2012年頃にかけてロビー活動費用を大幅に増額しており、以降は現在に至るまで年間1000万ドルを超える水準を維持していることが見てとれます。

こうした動向は他のIT企業も同様で、米・テックメディアのRecodeによれば、アップル社は2017年4月から6月にかけて220万ドルをロビー活動に費やしており、これは2016年の同期比でほぼ2倍に達していることを伝えています。

AIへの規制も視野に

こうした巨額のロビー活動は、現在の企業活動のみならず、将来にも大きな意味を持ちます。例えば、Googleが注力している先端分野の一つに人工知能(AI)があり、「アルファ碁」など革新的な成果を挙げていますが、そうしたAI開発に関してイーロン・マスク氏や宇宙物理学者スティーブン・ホーキング氏は懸念を持っており、早期の規制を呼びかけています。

Googleを始めとする巨大なテック企業による記録的なロビー費用には、そうした規制を呼びかける動きに対抗する狙いもあると見られています。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
テック, メディア

ソフトバンク出資のBrandless、破綻した理由:低いロイヤリティ、CBDへの進出

有料記事

SoftBank Vision Fund(SVF)から2018年7月、評価額5億ドルで2億4000万ドルを受けとったBrandlessが、事業閉鎖に至った。WeWorkやWag!などSVFの投資先には···
石田 健
編集長より

パパ活試論 - 1

無料記事

2017年にテレビドラマの名前として冠されるなど、パパ活という言葉は人口に膾炙した感がある。一方、その定義は曖昧なままである。ただの「善意による援助」なのか、「下心を含めた投資」なのか、はたまた援助交···
石田 健
テック, メディア

Uber Eats、インド事業を売却:Googleも参入へ

有料記事

日本でも、街中でUber Eatsを見かけることは日常茶飯事となった。上場したUberにとって、デリバリー領域は株主からの熱い期待を背負っていたが、彼らはいま米国外で苦戦を強いられている。Uber E···
井川優斗
テック, メディア

なぜ世界を理解しなくてはいけないのか、中田敦彦氏のYouTube問題(前編)

無料記事

YouTube上で、歴史や哲学などの「授業」をおこなっているタレント・中田敦彦氏が批判を集めている。中田氏の是非はさておき、本件はメディアにおける構造的な問題を示唆している。コンテンツは・生産(クリエ···
石田 健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健