Snapchat、24歳以下の若者で初めてFacebookのユーザー数を上回る予測

公開日 2017/08/23 20:30,

更新日 2019/08/26 08:15

無料記事 / 政治・国際関係

eMarketerの調査によれば、Facebookは12-17歳のユーザーが今年はじめて減少する見込みとなりました。12-24歳のユーザー数はSnapchatがはじめて首位を奪い、若い世代から人気を集めている構図が鮮明化しています。

なぜ重要?

  • eMarketerの調査で、Facebookのアクティブユーザーの減少が予測されたのは初。全体的にFacebookの利用者は増えているものの、動画や画像でのコミュニケーションを好むティーンエージャーはInstagramとSnapchatに移行しつつあります。
  • 低迷する株価とは対象的に、Snapchatのユーザーは2015年から2016年にかけてほぼ倍増し、今年も20.2%の増加が見込まれています。

229751

影響

  • Snapchatは最近、NBCやCNNと番組制作に乗り出しており、多くの視聴者を獲得しています。Facebookは依然としてSNSの王者ですが、Snapchatが風穴を開ける可能性も依然として残されています。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
SNSでおすすめする
著者
headline 主管理者
最新情報を受け取る

Twitterをフォローして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事

3月3日に知っておきたいニュース

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんばんは、編集長の石田です。最近、寒暖差が激しいので寒い日は外に出たくないですね...今日は期せずして、ワクチン関連の話題が並びました。「ワクチン確保に成功しつつある英米、遅れが目立ち五輪や経済など···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(3)今後の行く末

有料記事 / ビジネス・経済

- (2)より続く納車台数を順調に伸ばしているNIOだが、未だ黒字化は達成できていない。また、先行するTesla社に追いつくことができるのか、大きく膨らんでいる投資家の期待に応えるだけの成長を見せるこ···

エチオピアでなぜ武力衝突が起きたのか?現状や背景は

有料記事 / 政治・国際関係

2020年11月初頭、アフリカ東部エチオピアで、北部ティグレ州を拠点とする政党のティグレ人民解放戦線(TPLF)と政府軍との間で武力衝突が起きた。エチオピア周辺地域は、古くから海上交通の要所である。紅···

なぜミャンマーでクーデターが起きたのか?

有料記事 / 政治・国際関係

今月1日、ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー国家顧問や与党・国民民主連盟(NLD)の幹部が拘束された。ミャンマー共和国は、1962年の軍事クーデターから長きにわたって軍事政権が続い···

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事 / 社会

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事 / 政治・国際関係

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事 / 社会問題・人権・環境

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事 / 政治・国際関係

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事 / 社会問題・人権・環境

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···