Uber、社内の混乱とは対照的に第2四半期も順調に成長

公開日 2017年08月24日 11:31,

更新日 2017年08月24日 11:31,

無料記事 / テクノロジー

 

AXIOSの報道によれば、混乱が続くUberのコアビジネスは順調に進んでいるようです。第2四半期の総予約(Gross Booking)は87億ドルで、前年同期比で17%増となりました。

第2四半期の各指標

  • 総予約(Gross Booking):87億ドル(前年同期比17%増)
  • 調整後売上高:17億5000万ドル(第1四半期は15億ドル、2016年第2四半期は約8億ドル)
  • EBITDA損失:5億3400万ドル((第1四半期は5億9800万ドル)
  • 保有現金:四半期終了時点で66億ドル(第1四半期終了時点では72億ドル)

影響

  • Uberは現在、GE社の前CEOジェフ・イメルトをはじめとした候補者から新CEOを選定しています。社内の混乱や世界中の競合との闘いは続いていますが、同社のビジネスは力強く成長しています。

 

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事