Wantedlyによる「写真を無断利用」の論理について:インターネットにおける画像引用

編集長より

公開日 2017/08/26 00:34,

更新日 2017/08/26 00:34

無料記事

すでに話題になっていますが、ウォンテッドリー社が「画像の無断使用はやめていただきたい」として、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいて、Google・Twitterに同社を批判したブロク記事の削除を申し立てました。

問題の是非とは別に、個人的に「インターネットにおける画像の引用」という問題は非常に難しいと考えています。

カーラ・デルヴィーニュの画像は?

01

例えば、ウォンテッドリー社が主張している「画像の無断利用」ですが、同社の仲CEOも自身のプロフィールページでカーラ・デルヴィーニュの画像を利用しています。

カーラ側が「無断利用」と主張し、DMCAが適用されることは考えづらいですが、もし同社の主張が通るのであれば、カーラの画像を使うことは許されなくなってしまいます。

ウォンテッドリー社の論理はかなり無理筋な気がしますが、こうした申し立てでDMCAが機能してしまえば、多くのコンテンツが検閲される危険性を孕んでいます。

MERYもBuzzFeedもパクり?

21 Pictures That Will Restore Your Faith In Humanity
そもそもインターネットにおける画像引用についての議論は、非常に複雑なものです。

以前問題となった女性向けメディアMERYですが、彼らの無断引用について「DeNAの「MERY」が写真をパクり、それを他サイトがパクる」と厳しく報じていたBuzzFeedは、アメリカ国内では画像引用について批判を受けています。

Gawkerによれば、例えばBuzzfeedのこの記事は、Nedhardyという怪しげなサイトのこれこれを(控え目に言って)リミックスしたものです。

BuzzFeedはベン・スミス氏が編集長に就任して以来、引用や無断盗用に厳しい内部規定を設け、報道メディアとしての地位を確立していますが、同時に過去に作られた大量の「出典だけを張った画像まとめ記事」も数多く残っています。

Buzzfeed Japanの古田編集長は、「ネット上の写真だったら取ってきて、引用元を書いておけばいいでしょって思ってる人がいますけど、そんなに単純ではない」と述べていますが、自身のサイトにもimgurやRedditなどで誰がアップしたのかが分からない(権利者が不明な)画像が沢山まとめられており、議論の余地はあるでしょう。

「どっちもどっち」ではない

この話は「どっちもどっち」や「◯◯が指摘する権利はない」という結論ではありません。既存の画像を使って新たなコンテンツを生み出すことは、インターネットが生み出したミームの1つではありますし、報道など、適切な範囲で画像を利用することは広く認められています。

また国によっての慣習・慣例も異なるため、一概に言えないところも難しい理由の1つです。

そのため画像引用についての議論で最も重要なことは、「個別具体的に考えていく必要がある」ということです。昨年はWELQ問題が大きな話題になりましたが、彼らを批判するメディアすら、画像の扱いで他メディアを批判するには心許ない感はあります。

確実に言えるのは、今回ウォンテッドリー社がおこなったように、著作権やDMCAという仕組みを恣意的に解釈して、自社に都合の良い様に利用することは決して望ましいものではありません。未だ未整備で、議論の余地があるインターネットの著作権だからこそ健全な議論が求められますし、仕組みの悪用は決して認められるものではないでしょう。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
テック, メディア

なぜ世界を理解しなくてはいけないのか、中田敦彦氏のYouTube問題(前編)

無料記事

YouTube上で、歴史や哲学などの「授業」をおこなっているタレント・中田敦彦氏が批判を集めている。中田氏の是非はさておき、本件はメディアにおける構造的な問題を示唆している。コンテンツは・生産(クリエ···
石田 健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
編集長より

なぜわたしたちは部族主義に抗う必要があるのか?:コインチェック問題とヒラリー・クリントン

無料記事

先日、現代ビジネスに「仮想通貨580億円流出事件で露呈したメディアとテック業界の深い溝」という記事を寄稿した。すると、とある友人から「なぜわざわざ火の粉が飛んできそうなトピックについて書くのか?」とい···
石田 健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田 健