Spotify、ワーナーミュージックとのライセンス契約完了:3大メジャー全てと再契約しIPOへ盤石

テック, メディア

公開日 2017/08/29 23:30,

更新日 2017/08/29 23:30

無料記事

音楽ストリーミングサービスを運営するSpotifyが、ワーナーミュージックとライセンスの再契約を締結したことをBBCなど複数メディアが報じています。

同社は、2017年4月にユニバーサルミュージック、7月にはソニーミュージックとの間でライセンス契約を更新しており、今回のワーナーとの契約により、三大メジャーレーベル全てと再契約が完了したことになります。

レーベルとの関係は良好

ワーナーミュージックは、チーフ・デジタル・オフィサーのオレ・オーブルマン氏によるコメントとして、Instagramの公式アカウント上で以下のように述べています。

ここに至るまでに時間はかかったが、未来を見据えた、互いにとってバランスの取れた契約になったという点で、それだけの価値があるものだ。Spotifyと我々は、音楽の価値をさらに高め、アーティストにとって新たな利益を創り出し、世界中のファンをエキサイトさせるための革新的な手段を作り上げてきた。現在の成長ペースを維持するだけでも、音楽サブスクリプションで新たなオーディエンスと領域を獲得していく上でまだまだ大きなポテンシャルを秘めている。

また、Spotifyのチーフ・コンテンツ・オフィサーであるステファン・ブルーム氏は、米テックメディアのRecodeに対して「ワーナーとのパートナーシップは、アーティストとファンが互いに結びつく新たなミュージック・エコノミーの成長に寄与するものになるだろう」と語っており、両者の関係が良好なものであることが伺えます。

Spotifyとメジャーレーベルの間では、ロイヤリティを巡って長期に渡る交渉が行われてきました。Music BusinessWorldwideが2016年に伝えているところでは、当時Apple Musicはレーベルに58%を配分しているのに対してSpotifyは55%となっており、契約更新にあたってこの比率をAppleと同水準にすることが求められたとのことです。

しかし、その後のSpotifyのユーザー数増加やサービス拡大のおかげか、前述した4月のユニバーサルとの再契約では、アーティストの新曲を有料会員限定コンテンツとして2週間配信するといったサービスを提示する代わりにロイヤリティを従来の55%から52%に引き下げたと伝えられています。

今回のワーナーとの契約の詳細については明かされていませんが、先行する2社との内容に準じるものであると考えられます。

2017年末にはIPOか

2017年末から2018年初頭にかけてニューヨーク証券取引所への上場予定であると噂されているSpotifyにとって、今回の契約締結は非常に大きな意味を持ちます。

2017年7月時点でSpotifyの有料会員数は6000万人に達しており、音楽ストリーミング業界でトップを独走しています。しかし、2006年創業の同社が10年以上をかけて獲得してきたユーザー数の1/3以上に相当する2700万人を、Apple Musicはローンチからわずか2年間で獲得しており、トップの座は盤石であるとは言えない状況があります。

上場を間近に控えた同社としては、猛烈なスピードで追い上げてくる競合の存在を考慮してもなお、今後の持続的な成長が可能であることを投資家に示す必要がありますが、その意味で3大メジャーレーベル全てとパートナーシップを構築できているということは、何よりの説明材料になるというわけです。

音楽ストリーミング一本足でありながら世界最大の企業であるAppleと熾烈な競争を続けているSpotifyですが、今回の契約完了に伴うサービス拡大や上場に向けた動向など、今後ますます注目を集めることになりそうです。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
headline 主管理者
おすすめの記事
社会

アフター・コロナに生じる変化 - 3つの分類による検討 -

無料記事

前回、ニューノーマルについて「変化が起きるには時間がかかり、問題は従来から起きていた経済的格差である」という主張をおこなった。今回は、その変化について詳細に検討していく。すでに「アフター・コロナ後の世···
石田健
政治・国際関係

コロナによるニューノーマル、その批判と新しい「大きな政府」

無料記事

ニューノーマルという単語が注目を集めている。「新たな常態」を意味するこの言葉は、アフター・コロナとともに、新型コロナウイルスが終息した後の世界が全く新しい常態に生まれ変わるのではないか?という、ある種···
石田健
テック, メディア

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健