Amazonが米フードデリバリー企業のOloと提携、「Amazon Restaurants」サービスに注力か

テック, メディア

公開日 2017/09/24 00:56,

更新日 2017/09/24 00:56

無料記事

ECやクラウドサービス、動画・音楽配信サービスなど、様々な事業分野で驚異的な成長を続けているAmazonですが、このたびオンラインフードデリバリーサービスを手がけるOlo社と提携することをロイターなどが伝えています。

食品配送スタートアップのolo

Oloはニューヨークに拠点を置く2005年創業の食品配送スタートアップで、Cipotle(チポトレ)やApplebee(アップルビー)などの人気チェーンを含む200以上のレストランブランドについて独占的なネットワークを展開しており、米国内に4万以上の拠点を持っています。

米国のフードデリバリーサービス業界では近年、グラブハブやドアダッシュといった専業ベンチャーに加えて他業界の成長企業が参入してきています。特にオンライン配車サービスのUberが手がけるUber Eatsは、2014年のサービス開始から複数の国でサービスを急速に拡大しています。

Amazonも、2015年からは飲食店の料理を1時間以内に宅配するサービス「Amazon Restaurants」をニューヨークやシカゴ、シアトルをはじめとした米国の20都市で展開しています。

狙いは、全米規模のレストランネットワーク

しかし、米テックメディアTHER VERGEによると、同サービスは大手チェーンの取扱実績に乏しく、イタリアンレストランの「ブッカ・ディ・ベッポ」が最初の、かつ唯一のパートナーであると伝えています。今回の提携は、そうした自社では構築が難しい全米規模のレストラン・ネットワークを保有するOloの協力を得ることで、フードデリバリー事業を急成長させるためのものと思われます。

今回の提携発表を受けて、ドミノ・ピザに次いで米国のフードデリバリーサービスで2番目のシェアを誇るグラブハブの株価がマイナス5.8%と大幅な下落を見せており、今後も動向が注目されます。

ちなみに、日本国内ではAmazon Resatulantsのサービスは展開されていませんが、オンライン出前サービス大手の「出前館」がamazonのアカウントで注文・支払いが可能になる「Amazonログイン&ペイメント」に対応しており、間接的にではあるもののフードデリバリー事業に関わりを持っています。

国内サービスで先行しているUber Eatsが着実にエリアを拡大していることからも、今後Amazon Restaulantsのサービスが日本に参入してくる可能性もあるかもしれません。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
headline 主管理者
おすすめの記事
政治・国際関係

ナイジェリア国民、南アフリカから一斉退避:その背景は?

有料記事

南アフリカの最大都市ヨハネスブルクや首都プレトリアなど起きた移民排斥を背景とする暴動によって、アフリカの二大経済大国であるナイジェリアと南アフリカに緊張が生じている。暴動が激化する中、9月9日にナイジ···
管理者
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
テック, メディア

NYTによる衝撃のFacebook暴露記事:その内容とポイントは?

無料記事

11月15日、米・New York Times(NYT)紙に衝撃的な記事が登場した。この記事は「Delay, Deny and Deflect: How Facebook’s Leaders Foug···
石田 健
テック, メディア

月は誰のものか? 宇宙を専門とする弁護士が回答する

無料記事

この写真は、おそらくこれまで撮影された国旗の中で最もよく知られたものだ。APOLLO 11 MOON LANDING / AP PRESSバズ・アルドリンが、月に立てられた初のアメリカ国旗を横にして立···
石田 健
管理者
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

ニュージーランドの移民政策:経済的事情とリベラルな国家、そして移民抑制

無料記事

十分な時間が経過していないため、断定することは危険性があるものの、白人至上主義者によるムスリムを標的としたヘイトクライムという見方が強まっている。この事件を理解するためには、ニュージーランドの移民政策···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健