Lyftがフォードと提携、自動運転技術のパートナーをさらに拡大

テック, メディア

公開日 2017/09/28 20:19,

更新日 2017/09/28 20:19

無料記事

配車サービスのLyftが、米自動車大手のフォード社との提携を発表しました。

今回の提携は、フォードが開発する自動運転車を将来的にLyftのサービス上で利用可能にすることを目指すもので、ロイターによると、2021年までに多数のフォード製自動運転車をLyftの配車ネットワークに組み込むとのこと。今後、両社は協力してソフトウェアデザインやユーザーインターフェースの改良に着手するとのことです。

自社のみでは自動運転は不可能

Lyftの最高戦略責任者ラジ・カプール氏はニューヨーク・タイムズに対して「率直なところ、自社だけでは自動運転を実現できるとは考えていない。だからこそ、自動車業界との提携に注力している。(自動運転を)一台や二台でテストすることと、大規模に展開することは全く世界が違うのだ」と述べています。

カプール氏のコメントは、自社で多くの技術を開発しようとしているUberとは対照的に、多くの企業と提携を結んで「総力戦」的なアプローチをとっているLyftの姿勢を端的にあらわしています。両社のこれまでの経緯を少しなぞってみましょう。

UberとLiftの歩み

Uberは2016年9月にピッツバーグで自動運転車の路上テストをスタート。その後、サンフランシスコなど幾つかの都市のサービスに自動運転車を導入し、2017年2月にはダイムラーと自動運転車の開発で提携したことを発表。

翌3月にアリゾナで交通事故に巻き込まれたものの、調査の結果Uberの車両に問題がなかった事が明らかになったことで2日後にテストを再開。

しかし、時を同じくしてGoogleの親会社にあたるAlphabet社傘下のWaymoから、自動運転に関する技術盗用を行っていたとして訴訟を起こされ、現在に至るまで法廷闘争が続いています。

一方のLyftは、Uberに比べてスタートが遅れたものの、2017年5月にはUberとの訴訟の渦中にあったWaymoと提携。2017年7月に自動運転の社内部門を設立し、9月にはサンフランシスコで路上テストをスタートさせています。また、ゼネラルモータースは2016年にLyftに5億ドルの出資を行なうとともに「将来にわたる戦略的提携」に言及しており、現在もLyftの自動運転サービス実現に少なからず関与していることが考えられます。

開発競争で1番になることが価値ではない

技術開発では先行するものの訴訟などによって足踏みを余儀なくされているUberと、後発でありながら多くの企業を巻き込みつつ急速に歩を進めているLyft。フォード社の副社長シェリフ・マラクビーは、Mediumの公式ページで今回の提携について以下のように触れています。

「自動運転の勝機とはすなわち、開発競争で一番手になるべきレースだと考える人もいるでしょう。しかし我々は、ユーザーの実際的なニーズとワンツに根ざしたサービス作りにこそ注力すべきだと考えています。フォードは、いつか我々の自動運転技術が実現する乗車体験を利用者が確かなもの感じられるように、安全性と信頼性に高い優先度を置いています。」

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···
金子侑輝
石田健
政治・国際関係

アフター・コロナに何が起きるか:『サピエンス全史』ハラリの見解と国際社会の変化

有料記事

今月18日、筆者も出演したTV番組『AbemaPrime』において詫摩佳代・首都大学東京准教授が、「新型コロナウイルスをめぐって米中対立が拡大する中、国際協調が重要である」と指摘していた。国境を超えて···
石田健
テック, メディア

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番の部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健