「仮想通貨から目を背けるべきではない」IMFのラガルド理事がコメント

公開日 2017/09/30 18:37,

更新日 2017/09/30 18:37

無料記事 / テクノロジー

IMFのクリスティーヌ・ラガルド専務理事がイングランド銀行主催のカンファレンスで、仮想通貨について「目を背けるべきではない」と語りました。

『仮想通貨・新たな金融仲介モデル・AIという3つのイノベーションがもたらすインパクト』というテーマで語られたスピーチの中で、ラガルド氏は、ビットコインを始めとした仮想通貨が現時点で既存の通貨に取って代わるようなものにはなっておらず、また中央銀行の機能を代替できるようなものではないとコメントしています。

課題があるからと言って仮想通貨を退けるべきでない

しかし一方で、急激に進んだモバイルシフトの例について『少し前には、専門家の中にも「パーソナルコンピューターが使われなくなるような事は決して有り得ず、タブレットは高価なコーヒートレイに使われるのがせいぜいだ」と語っている人もいた』と述べ、様々な課題を抱えているからといって仮想通貨を退ける(dismiss)ことが利口な事とは思わない、としています。

さらに、こうした状況にあって中央銀行が取るべき最良の姿勢は、生まれたばかりのアイデアや新たなに対してオープンでありながら効果的な金融政策を実施していくことだとしており、IMFに対する直接的な影響として「特別引出権(Special Drawing Rights, SDR)」について言及しています。

SDRは、米ドル、円、ユーロ、スターリングポンド、人民元の5つの通貨で構成され、加盟国の通貨危機などが起こった際に独自のレートに基づいて配分するためにIMFが管理している準備資産ですが、レガルド氏はこのSDRを将来的にデジタル化するような状況も視野に入れつつ、変化に対して柔軟である必要があると語っています。

金融業界でも別れる見解

第二次世界大戦以降、国際経済は米ドルを基軸通貨として発展を続けてきましたが、すでにアフリカの新興国などでは米ドルのような他国の通貨の代わりにビットコインを始めとする仮想通貨を導入する動きが出始めています。

最近では、J.P.モルガンのCEOがビットコインについて「詐欺的」であるとした一方で、モルガン・スタンレーのCEOが「単なる流行りではない」とコメントするなど、金融業界でも意見が分かれている仮想通貨ですが、国際通貨の元締めとも言うべきIMFの理事が比較的前向きなコメントを出したことで、今後さらなる注目を集めることになるかもしれません。

なお、今回のラガルド氏のスピーチは、IMFのウェブページ上で全文が公開されています。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
SNSでおすすめする
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に東証一部上場企業に売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
最新情報を受け取る

Twitterをフォローして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事

1月20日に知っておきたいニュース

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんにちは、編集長の石田です。今日もやっていきます〜!1. Biden Inaugurated as the 46th President Amid a Cascade of Crises(The N···

1月19日に知っておきたいニュース

無料記事 / 今日知っておきたいニュース

こんばんは、編集長の石田です。今日、ヒートテックを着るのを忘れて出かけたらメチャクチャ寒かったです。帰宅してから気付きました。今日もやっていきます〜1. 銀座最大級の商業施設GINZA SIX、大量閉···

反トラスト法とは何か?Googleは分割されるのか?

有料記事 / テクノロジー

米・司法省は20日、Google社がインターネットにおける検索や広告において、独占的な地位を利用して適切な競争を妨げているとして、反トラスト法違反の疑いで提訴した。Googleは、なぜ提訴されたのだろ···

なぜ政府やAppleは、市民の健康に介入するのか?

有料記事 / テクノロジー

現地時間の2020年9月15日、Appleはシンガポール政府との健康イニシアチブに関するパートナーシップ締結を発表した。この健康イニシアチブでは、医師や公衆衛生の専門家との協力で作成されたLumiHe···

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事 / 社会

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事 / 政治・国際関係

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事 / 社会問題・人権・環境

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事 / 社会問題・人権・環境

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事 / 政治・国際関係

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···