フィデリティが仮想通貨に注力する理由とは?

テック, メディア

公開日 2017/10/13 02:52,

更新日 2017/10/13 02:52

無料記事

フィデリティ・インベストメンツのCEOアビゲイル・ジョンソンは、今年5月にニューヨークで開催された世界最大の仮想通貨カンファレンス「Consensus 2017」の席上で、同社がビットコインなどのマイニングに携わっており、ジョンソン氏自身も仮想通貨を「愛している」とスピーチしました

同社は8月に仮想通貨の専門情報サイト「コインデスク」と提携するなど、仮想通貨市場への参入を進めていますが、米国を代表する資産運用の超大手が仮想通貨に注目する理由とはどのようなものでしょうか。英紙フォーチュンが同社に取材しています。

フィデリティ・ラボのハドレー・スターン氏によると、米国を拠点として進められているマイニング規模は現時点で「控えめ(modest)」であり、その具体的な成果は開示していないものの、ジョンソンCEOがCeonsensus 2017で言及したように仮想通貨の急成長によって「多くのマネー」を得ているとしています。

しかし、フィデリティがマイニングに携わる真の理由は、そうした取引利益ではなく、激変する仮想通貨マーケットを理解するためであるとのこと。

「一つの実験のようなものです。マイニングを始め、現在でも続けている理由は、ネットワークがどのようにはたらき、コンセンサス・アルゴリズムがどのようなもので、採掘難易度(ディフィカルティ)がどの程度ものなのか、そういったことを知るためです」

スターン氏はまた、大量の専用コンピューターを電気代が安い環境で稼働させている中国のマイニング業者などには及ばないものの、例えば仮想通貨のトランザクションに関してしばしば問題になるフォーク(fork)など、マイニングを通じて価値ある学びを得続けているとコメントしています。

さらに、こうしたマイニング事業にとどまらず、同社の基金部門であるフィデリティ・チャリティズで2015年から行っているビットコインを使ったチャリティ事業では、寄付を行った顧客に対するインタビューを実施するなど、利用者の視点に関しても様々な知見を集めているとのことです。

Still thinking about #Bitcoin. No conclusion – not endorsing/rejecting. Know that folks also were skeptical when paper money displaced gold.

— Lloyd Blankfein (@lloydblankfein) October 3, 2017

 

先日には、ゴールドマン・サックスのCEOが「ビットコインについて考えている。承認か拒絶か、結論は出ていない。紙幣が金の代わりに導入された時も人々は懐疑的だったことを忘れてはならない」と語るなど、金融大手の仮想通貨に対する動向が注目されています。

既設のツールやインフラを利用した運用だけにとどまらず、その技術原理にまで立ち返るアプローチを進めているるフィデリティのような企業が仮想通貨市場に本格参入してくるタイミングは、そう遠くないのかもしれません。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
株式会社マイナースタジオ代表取締役CEO。同社を創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

ナイジェリア国民、南アフリカから一斉退避:その背景は?

有料記事

南アフリカの最大都市ヨハネスブルクや首都プレトリアなど起きた移民排斥を背景とする暴動によって、アフリカの二大経済大国であるナイジェリアと南アフリカに緊張が生じている。暴動が激化する中、9月9日にナイジ···
管理者
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
テック, メディア

NYTによる衝撃のFacebook暴露記事:その内容とポイントは?

無料記事

11月15日、米・New York Times(NYT)紙に衝撃的な記事が登場した。この記事は「Delay, Deny and Deflect: How Facebook’s Leaders Foug···
石田 健
テック, メディア

月は誰のものか? 宇宙を専門とする弁護士が回答する

無料記事

この写真は、おそらくこれまで撮影された国旗の中で最もよく知られたものだ。APOLLO 11 MOON LANDING / AP PRESSバズ・アルドリンが、月に立てられた初のアメリカ国旗を横にして立···
石田 健
管理者
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

ニュージーランドの移民政策:経済的事情とリベラルな国家、そして移民抑制

無料記事

十分な時間が経過していないため、断定することは危険性があるものの、白人至上主義者によるムスリムを標的としたヘイトクライムという見方が強まっている。この事件を理解するためには、ニュージーランドの移民政策···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健