フィデリティが仮想通貨に注力する理由とは?

テック, メディア

公開日 2017/10/13 02:52,

更新日 2017/10/13 02:52

無料記事

フィデリティ・インベストメンツのCEOアビゲイル・ジョンソンは、今年5月にニューヨークで開催された世界最大の仮想通貨カンファレンス「Consensus 2017」の席上で、同社がビットコインなどのマイニングに携わっており、ジョンソン氏自身も仮想通貨を「愛している」とスピーチしました

同社は8月に仮想通貨の専門情報サイト「コインデスク」と提携するなど、仮想通貨市場への参入を進めていますが、米国を代表する資産運用の超大手が仮想通貨に注目する理由とはどのようなものでしょうか。英紙フォーチュンが同社に取材しています。

フィデリティ・ラボのハドレー・スターン氏によると、米国を拠点として進められているマイニング規模は現時点で「控えめ(modest)」であり、その具体的な成果は開示していないものの、ジョンソンCEOがCeonsensus 2017で言及したように仮想通貨の急成長によって「多くのマネー」を得ているとしています。

しかし、フィデリティがマイニングに携わる真の理由は、そうした取引利益ではなく、激変する仮想通貨マーケットを理解するためであるとのこと。

「一つの実験のようなものです。マイニングを始め、現在でも続けている理由は、ネットワークがどのようにはたらき、コンセンサス・アルゴリズムがどのようなもので、採掘難易度(ディフィカルティ)がどの程度ものなのか、そういったことを知るためです」

スターン氏はまた、大量の専用コンピューターを電気代が安い環境で稼働させている中国のマイニング業者などには及ばないものの、例えば仮想通貨のトランザクションに関してしばしば問題になるフォーク(fork)など、マイニングを通じて価値ある学びを得続けているとコメントしています。

さらに、こうしたマイニング事業にとどまらず、同社の基金部門であるフィデリティ・チャリティズで2015年から行っているビットコインを使ったチャリティ事業では、寄付を行った顧客に対するインタビューを実施するなど、利用者の視点に関しても様々な知見を集めているとのことです。

Still thinking about #Bitcoin. No conclusion – not endorsing/rejecting. Know that folks also were skeptical when paper money displaced gold.

— Lloyd Blankfein (@lloydblankfein) October 3, 2017

 

先日には、ゴールドマン・サックスのCEOが「ビットコインについて考えている。承認か拒絶か、結論は出ていない。紙幣が金の代わりに導入された時も人々は懐疑的だったことを忘れてはならない」と語るなど、金融大手の仮想通貨に対する動向が注目されています。

既設のツールやインフラを利用した運用だけにとどまらず、その技術原理にまで立ち返るアプローチを進めているるフィデリティのような企業が仮想通貨市場に本格参入してくるタイミングは、そう遠くないのかもしれません。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

マッキンゼーによる新型コロナウイルスによる世界経済への影響についてのメモ

無料記事

新型コロナウイルスについては、信頼できる正確なニュース・情報を日々手に入れることも重要だが、経済・社会的な影響について今後のシナリオを把握しておくことも求められる。その意味で、コンサルティング企業Mc···
石田健
政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番の部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健