新たな米中戦争とは何か?軍事衝突か、テクノロジーの冷戦か?[解説]

政治・国際関係

公開日 2018/12/16 12:24,

更新日 2018/12/16 12:24

無料記事

現在、もっとも国際社会の関心を集めている話題は「米中戦争」だろう。数年前、すなわちトランプ大統領の就任以前までは荒唐無稽の空想話であったが、現在は単なる笑い話ではなくなってきた。

なぜいま話題に?

「米中戦争」が話題となっているのは、以下の3点からである。

  • 米中貿易戦争は実際、その真っ直中にある。数ヶ月にわたってトランプ大統領と習近平国家主席は、脅しと関税による報復を続けてきた。
  • 一時は終結に向かうと思われたが、ファーウェイ創業者の娘が拘束されたことで複雑化。中国当局がカナダ関係者を拘束する事態となっている。
  • これは両国の政治的脆弱性による突発的なアクシデントではなく、構造的に不可避なものである。

米中間の緊張は、次の理由から「構造的に不可避」。

  • テクノロジーは安全保障の中心であり、各国の産業にとって重要。核や宇宙競争の時代とは異なり、コンシューマー向け製品と技術の重要性が増しており、GAFA(Google,Amazon,Facebook,Apple)と中国BTA(Baidu,Tencent,Alibaba)らの競争も激化。
  • 中国にとって自国のテック企業の成功はテクノロジー競争の好材料となり、対照的にアメリカにとっては脅威となっている。
  • 中国による「一路一帯」や「中国製造2025」などの政策は、人工知能やロボット、量子コンピューター、グリーンエネルギーなどの競争激化を示唆しており、アメリカにとって経済・安全保障上のリスクである。

なにが特別なのか

現在の摩擦は、

  • トランプ大統領やBrexitなど、各国の政治的な脆弱性・リスクが高まっている。また中国にとっても自国経済の成長が鈍化しており、テクノロジー分野で競争力を強める願望は強い。
  • テクノロジー企業の影響力はかつてないほど肥大化しており、規制・保護の動きが出始めている。

という意味で、これまでと異なる。この変数が新たな「米中戦争」に説得力をもたせており、国際社会に懸念をもたらしている。

軍事衝突か新たな冷戦か?

何が起こり、どのような点に注目するべきだろうか。

  • 新たな「米中戦争」において、軍事衝突は起きない。しかし「戦後の国際秩序に挑戦する中国」という歴史的構図は、テクノロジーを基盤とした「見えない戦争」によって加速する。
  • この冷戦のシナリオは、アメリカが引き続き戦後の国際秩序維持にコミットし続けるか、によって決まる。
  • アメリカがコミットを弱めた場合、中国は国際社会の責任・規範よりも国家主権を重視する動きを強める。その結果、地域情勢が不安定になる可能性があり(南シナ海や旧ソ連、チベット)、国際社会の足並みはますます揃いづらくなる。

特に最後のシナリオについては、Foreign Affairs誌の「The Age of Uneasy Peace」が説得的である。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

マッキンゼーによる新型コロナウイルスによる世界経済への影響についてのメモ

無料記事

新型コロナウイルスについては、信頼できる正確なニュース・情報を日々手に入れることも重要だが、経済・社会的な影響について今後のシナリオを把握しておくことも求められる。その意味で、コンサルティング企業Mc···
石田健
政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···
金子侑輝
石田健
政治・国際関係

アフター・コロナに何が起きるか:『サピエンス全史』ハラリの見解と国際社会の変化

有料記事

今月18日、筆者も出演したTV番組『AbemaPrime』において詫摩佳代・首都大学東京准教授が、「新型コロナウイルスをめぐって米中対立が拡大する中、国際協調が重要である」と指摘していた。国境を超えて···
石田健
政治・国際関係

ニュース解説:カリフォルニア州雇用法案AB-5の成立は、「搾取との闘い」か?

有料記事

9月18日、米カリフォルニア州で、ギグ・エコノミーの労働者をこれまでの「独立した請負労働者」ではなく、「従業員」として再分類する可能性のある法案が成立した。2020年1月1日より施行予定の同法案は、上···
塚本 大
社会

韓国、衝撃の「n番の部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健