ニュース解説:カリフォルニア州雇用法案AB-5の成立は、「搾取との闘い」か?

公開日 2019年10月28日 08:41,

更新日 2019年12月05日 12:04,

有料記事 / 政治・国際関係

9月18日、米カリフォルニア州で、ギグ・エコノミーの労働者をこれまでの「独立した請負労働者」ではなく、「従業員」として再分類する可能性のある法案が成立した。2020年1月1日より施行予定の同法案は、上場後低迷を続けているUberやLyftといったライドシェア企業にとって致命的な一撃となるかもしれない。ライドシェア企業や請負労働者としてのドライバーの境遇に批判的な人々は同法案を歓迎する一方で、当のドライバーや、他業界からは批判の声も聞こえてくる。

労働者を分類するABCテストの適用を義務付け

続きを読む

この続き: 2,451文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事