なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

テック, メディア

公開日 2019/12/17 23:10,

更新日 2019/12/18 00:03

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?

5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが、一方ではYouTubeのマネジメント・ビジネスに懐疑的な声も聞かれる。

今回は、国外MCNの凋落、そしてUUUMの成功からYouTubeビジネスの未来について考えていこう。

「MCNは死んだ」

YouTubeに詳しい人ならば常識かもしれないが、国外では2017年ころから「MCNは死んだ」と言われることが多くなった。MCNとはマルチチャンネルネットワークのことで、YouTuberのマネジメントや制作・配信などサポートする組織のことを指す。日本でいうと、UUUMやVAZなどがMCNに当たる。

国外ではMaker StudiosやAwesomenessTVなど大手MCNの苦境が伝えられるが、一方でUUUMの2019年5月通期決算は、売上が197億円(前年同期比+68%)と急成長を遂げている。

日本でも2020年の5G開始を前にして、嵐やSixTONESなどのジャニーズ事務所、中田敦彦、本田翼など大物芸能人が次々とYouTubeに参入して、本格的なマスメディア化を迎えようとしている。動画ビジネスが花開くことは自明なことに思えるが、ならばなぜMCNは死んだのだろうか?

大手MCNの苦境

2009年に設立されたMaker Studiosをはじめ、2011年のFullscreen、2012年のAwesomenessTVなど、著名MCNは2010年前後から乱立するようになった。2005年にYouTubeがスタートしてから、わずか5年で多くのMCNが登場していることに驚きも感じるが、これらはプラットフォームの急成長とともに爆発的な伸びを見せていた。

中でもMaker Studiosが2014年に、ディズニーより5億ドル(約570億円)で買収されることが決まると、MCNへの期待は最高潮に達した。この年は、AmazonがTwitchを買収しており、総じて動画プラットフォームへの期待が高まった1年だったが、ディズニーもMaker Studiosの短編オンライン動画のノウハウを積極的に活用していくことを宣言していた。

しかし2016年にかけて風向きは変わってくる。Maker Studiosの買収を主導した幹部はディズニーを退社、同社のトップYouTuberだったPewDiePieが人種差別やホロコーストをネタにする言動が批判されてディズニーとの契約が解除された数日後、レイオフをおこなった。 おなじくFullscreenとStylehaulは2017年に、AwesomenessTVは2018年にレイオフに直面するなど、トップMCNが次々とレイオフに直面したのだ。

原因は

MCNが凋落した原因は、YouTubeの成熟化とMCNのコスト構造だと理解されている。

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円から)に参加していただく必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、良かったら下記のリンクよりメンバーシップ制度についてご覧ください。(すぐに課金されることはないのでご安心ください

メンバーシップについて知る

すでに会員の方は、こちらからログインしてください。

ログインする
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

マッキンゼーによる新型コロナウイルスによる世界経済への影響についてのメモ

無料記事

新型コロナウイルスについては、信頼できる正確なニュース・情報を日々手に入れることも重要だが、経済・社会的な影響について今後のシナリオを把握しておくことも求められる。その意味で、コンサルティング企業Mc···
石田健
政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番の部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田健