マッキンゼーによる新型コロナウイルスによる世界経済への影響についてのメモ

政治・国際関係

公開日 2020/04/01 03:37,

更新日 2020/04/03 22:04

無料記事

新型コロナウイルスについては、信頼できる正確なニュース・情報を日々手に入れることも重要だが、経済・社会的な影響について今後のシナリオを把握しておくことも求められる。

その意味で、コンサルティング企業McKinsey & Company(マッキンゼー)による「COVID-19:Briefing materials」は必読だろう。

以下、同資料のメモである。

免責事項:本記事はあくまで一部を抜き出したメモである。訳は一部不正確な可能性があり、いくつかの重要なセクションについても触れていない。変化する状況から今後のシナリオを把握するための覚書として活用いただきたい。

生命と生活を守る

われわれがおこなうべきは、我々の生命を守ること生活を守ることの2つ。それぞれ3つのポイントがある。

1.私たちの生命を守る

1a. できるだけ早いウイルスの制御
1b. 治療および検査能力の拡大
1c. 治療、薬、ワクチンなど「治療法」の発見

2.私たちの生活を守る

2a.  ロックダウンの影響を受けた人々・企業へのサポート
2b. ウイルスが沈静化した際、安全に仕事へと戻るための準備
2c. -8%から-13%まで予想される景気の谷からの回復に向けた準備

世界経済が直面する3×3のシナリオ

以下、本スライドの引用元となっている資料の文言もあわせて参照していく。

  • 高い不確実性に直面した時、人々は思考停止するか「これはインフルエンザのようなものだ」などの短絡的な答えを出してしまう
  • 世界経済への影響は、ウイルスの拡大と公衆衛生上の対応で3つ、波及効果と経済政策上の対応で3つ、計9つのシナリオが考えられる
  • A1-A4が経済への壊滅的被害は回避されたシナリオであり、B1-B5が極端なシナリオである。現実的なシナリオは前者であるが、欧米で患者が急増している中で後者の可能性も排除できない。

ウイルスの拡大と公衆衛生上の対応によって規定される3シナリオ

① 強力な公衆衛生上の対応により、2〜3か月以内に各国での拡大を抑制。ソーシャル・ディスタンシングもすぐに終了(中国、台湾、韓国、シンガポールなどが実現)
② 当初は公衆衛生上の対応が成功するものの、ウイルスの再発を防ぐためソーシャル・ディスタンシングが数か月継続
③ 公衆衛生の対応は失敗し、ワクチンの開発や集団免疫の獲得までウイルスを制御できない

波及効果と経済政策上の対応によって規定される3シナリオ

④ 経済政策の無効:拡大する景気後退がスタート。広範囲にわたる破産および信用不良。潜在的な銀行危機。
⑤ 部分的な効果:政策対応が、経済的損害をある程度相殺。銀行危機は回避。しかし、高失業率と倒産は景気回復を弱める。
⑥ 非常に効果的:強力な政策対応により、経済への構造的なダメージを防ぐ。ウイルスが制御された後に強い反発を引き起こし、経済を危機前のレベルと勢いに戻す。

9つのシナリオのうち、現実的だと評価されているのが⑤と組み合わせた、①と②のシナリオである。すなわちA-3とA-1である。

A3:ウイルスの封じ込め

  • このシナリオは、経済政策には⑤部分的な効果があり、ウイルスについては②公衆衛生上の対応が当初は成功するものの、ウイルスの再発を防ぐためソーシャル・ディスタンシングが数か月継続する
  • 2020年の世界経済は、1.5%のマイナス成長。景気回復は2020年第2四半期からとなる。

A1:回復の遅れ

  • このシナリオは、経済政策には⑤部分的な効果があり、ウイルスは①強力な公衆衛生上の対応により、2〜3か月以内に各国で抑制される。
  • 2020年の世界経済は、4.7%のマイナス成長。景気回復は2022年第3四半期からとなる。

A1であってもA3であっても、第二次世界大戦以降の不況を上回ると見られている。

セクター別の影響

  • オイル&ガス、航空宇宙・防衛産業、航空・旅行、医療保険料支払人などの企業が打撃を受けている
  • 反対にコンシューマーサービス、小売、医薬品、医療提供機関などの打撃は少ない

5つの計画・実行

リーダーは新型コロナウイルスを受けて、下記5つを計画・実行する必要がある。

決断(resolve)、レジリエンス(resilience)、ビジネスの回復(return)、新たな価値・規範への再考(reimagination)、変革(reform)

個人的見解

以上、重要な部分を抜き出した。以下では、本レポートを受けた個人的見解について。

  • 多くの人が短期的な症例数・検査数などに注目しているが、新型コロナウイルスがもたらす社会的・経済的インパクトや今後想定されるシナリオに目を向けるべきである。その意味で本レポートの意義は大きい。
  • 第二次世界大戦後の不況を上回るという部分は、前期のピークと比較しているためグラフの落ち込みのみを見てしまうのはミスリーディングかもしれない。特に近年は好景気が続いていたため。
  • A3シナリオでは2020Q2に底をつけて回復するシナリオになっているが、EUと米国の感染状況次第ではQ3にずれ込むかもしれない
  • イタリアやアメリカなど欧米での感染拡大ピークは、1週間後から1ヶ月後まで様々な見解が出ている
  • もし1ヶ月後にピークがやってくるならば、A1シナリオが現実味を帯びてくる
  • 検査能力の拡大が挙げられているが、日本でも3月中旬頃と状況が変わっており、こちらが現状最大の課題ではないだろうか(例えば東京都は1日最大340件しか検査できないため、早晩限界が来るかもしれない
  • 強力な公衆衛生上の対応と一口に言っても、中国モデルや韓国モデルのように対応は分かれるため、権威主義国家ではなく民主主義国家の方法(具体的には韓国)から学ぶ必要があるだろう

反響があれば、今回取り上げた部分以外についても紹介していく。

注意事項

  • 日本語版の資料として「COVID-19: ビジネスへの意味合い」という要約レポートが2月28日に公開されているものの状況は変化しており、最新の知見が反映された英語資料が望ましい
  • (シミュレーションなどの社会科学的手法は存在するが)シナリオを予測することは科学ではない、あくまで蓋然性の高い予測を選択する意思決定である
  • 誤訳やミスリーディングな箇所があれば、筆者のTwitterまでご連絡いただきたい

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
社会

アフター・コロナに生じる変化 - 3つの分類による検討 -

無料記事

前回、ニューノーマルについて「変化が起きるには時間がかかり、問題は従来から起きていた経済的格差である」という主張をおこなった。今回は、その変化について詳細に検討していく。すでに「アフター・コロナ後の世···
石田健
政治・国際関係

コロナによるニューノーマル、その批判と新しい「大きな政府」

無料記事

ニューノーマルという単語が注目を集めている。「新たな常態」を意味するこの言葉は、アフター・コロナとともに、新型コロナウイルスが終息した後の世界が全く新しい常態に生まれ変わるのではないか?という、ある種···
石田健
政治・国際関係

日本でガラパゴス化する「専門知」(2)―金融緩和の例― [1]

無料記事

前回は、新型コロナウイルス対策を例に、PCR検査の抑制とクラスター対策という日本独自のガラパゴス化した方法を取り上げたが、このような記事を執筆しようと思い立ったのは、以前から日本のガラパゴス化した専門···
安中進
政治・国際関係

ポストCOVID-19の世界予測:今、欧州の知識人は何を語っているか?

有料記事

『マリー・アントワネット』や『ジョゼフ・フーシェ』等の著書で知られるオーストリア出身の作家シュテファン・ツヴァイクは、1942年、ナチ政権からの亡命先で客死を遂げた。彼の死後出版された回想録は『昨日の···
長野壮一
社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健