ポストCOVID-19の世界予測:今、欧州の知識人は何を語っているか?

政治・国際関係

公開日 2020/04/17 20:59,

更新日 2020/04/18 04:50

有料記事

『マリー・アントワネット』や『ジョゼフ・フーシェ』等の著書で知られるオーストリア出身の作家シュテファン・ツヴァイクは、1942年、ナチ政権からの亡命先で客死を遂げた。彼の死後出版された回想録は『昨日の世界』と題されている。かつて平和だった時代、コスモポリタンな共栄を信じることができた世紀末ウィーンの情景を「昨日の世界」として回顧した随想である。

2019年12月以降、我々の生活は一変した。新型コロナウイルスの感染者数の推移は今なお予断を許さず、長引く外出制限は一向に出口が見えない。経済活動の停止は、景気の拡大局面に終止符を打ち得るインパクトを有しており、すでに事業主やフリーランスを中心として、市民生活に甚大な影響を及ぼしつつある。格安航空券で世界中を飛び回り、経済成長の持続を素朴に期待することのできた時代は、もはや「昨日の世界」となってしまったのかもしれない。

こうした先が読めない状況の中、識者は何を語っているのだろうか。とりわけ、新型コロナウイルスの被害が顕著な欧州の知識人たちはどのような言葉を発しているのだろうか。彼らのメディア上における発言は、COVID-19以後の来たるべき情勢を予測するための指針となり得るはずだ。

トマ・ピケティ「必要なのは、オルタナティブな経済制度がいかなるものであるかを説明することだ」

ベストセラー『21世紀の資本』で知られ、不平等に主な関心を寄せる経済学者のトマ・ピケティは、フランスの左派週刊紙 L’Obs のインタビューに答えて「『経済体制を変えなければならない』という言表では不十分だ」と述べる。「必要なのは、オルタナティブな経済制度がいかなるものであるかを説明することである」。ピケティは歴史的事例を参照しながら、COVID-19以後の経済制度に関連して将来的に起こりうるシナリオを考察する。

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円から)に参加していただく必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、良かったら下記のリンクよりメンバーシップ制度についてご覧ください。(すぐに課金されることはないのでご安心ください

メンバーシップについて知る

すでに会員の方は、こちらからログインしてください。

ログインする
著者
東京大学文学部卒業後、同大学院にて修士号(文学)取得。現在はパリ社会科学高等研究院の博士課程に在籍中。専門は政治文化史・社会政策思想史。
おすすめの記事
社会

アフター・コロナに生じる変化 - 3つの分類による検討 -

無料記事

前回、ニューノーマルについて「変化が起きるには時間がかかり、問題は従来から起きていた経済的格差である」という主張をおこなった。今回は、その変化について詳細に検討していく。すでに「アフター・コロナ後の世···
石田健
政治・国際関係

コロナによるニューノーマル、その批判と新しい「大きな政府」

無料記事

ニューノーマルという単語が注目を集めている。「新たな常態」を意味するこの言葉は、アフター・コロナとともに、新型コロナウイルスが終息した後の世界が全く新しい常態に生まれ変わるのではないか?という、ある種···
石田健
政治・国際関係

日本でガラパゴス化する「専門知」(2)―金融緩和の例― [1]

無料記事

前回は、新型コロナウイルス対策を例に、PCR検査の抑制とクラスター対策という日本独自のガラパゴス化した方法を取り上げたが、このような記事を執筆しようと思い立ったのは、以前から日本のガラパゴス化した専門···
安中進
政治・国際関係

中国「千人計画」とは?アメリカの警戒、国益と学問の自由のジレンマ

有料記事

2020年1月28日、アメリカ司法省は、ハーバード大学の元教授(化学・化学生物学科長)チャーリズ・リーバー氏を起訴した。ノーベル賞候補とも言われた世界的研究者が起訴された理由は、詐欺容疑。同氏は中国・···
金子侑輝
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健