石原伸晃環境相の「金目」発言が生まれた、福島における中間貯蔵施設の建設とは?

政治・国際関係

公開日 2014/06/23 22:25,

更新日 2014/06/23 22:25

無料記事

石原伸晃環境相が、東京電力福島第一原発事故の除染によって生じた汚染土などを保管する中間貯蔵施設について、「最後は金目(かねめ)でしょ」と発言した問題について、石原氏が23日に福島県を直接訪れて謝罪することが明らかとなった。

自民党政権によって生み出し続けられた原発神話への反省や、この期に及んで原発を輸出することへの迷い、現在も故郷を離れた暮らしを余儀なくされた地元住民への想像力などを一切感じさせないような発言であり、地元では反発が強まっている。

この発言の背景にある中間貯蔵施設の建設とは、なんだろうか?

福島県に中間貯蔵施設を建設

そもそもこの中間貯蔵施設とは福島第1原発事故によって発生した除染廃棄物を一時的に保管するためのもので、その候補地として福島県双葉町と大熊町があがっている。

しかし、国の説明には不満が集まっており、「説明責任が果たされていない」として、両町は不満を募らせている。国は、施設の安全性や地域振興策などの地元側の質問に対して、明確に回答できていないとされており、納得が得られるには時間がかかりそうだ。

加えて、最終処理場の候補地となっている宮城についても、決定がされておらず、廃棄物が最長で30年間保管されるという計画についても、実現性に疑義が投げかけられている。

地元の思いを踏みにじる発言

福島では現在でも原発事故による避難生活が続いており、両町でおこなわれた説明会においても、中間貯蔵施設の建設に際しては、こうした住民の感情に配慮するべきだという指摘もあった。

すでに個々の説明会においても住民の不満は強まっているにもかかわらず、中間貯蔵施設の建設をめぐって地域への説明に責任を持っている大臣が「金目」だと発言したことの意味は大きい。地元へ強い想いを持っており、国や東京電力の誤りによって生じた事故の被害を一手に背負わされている住民を侮辱するだけでなく、原発によって今後も生じるであろう様々な問題—それは地元住民ばかりではなく国民全体に大きく関わってくるだろう—を最終的には金で解決できると考えていることを計らずとも露呈させてしまった石原大臣は、今後どのように原発政策を進めていくのだろうか。

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
社会

アフター・コロナに生じる変化 - 3つの分類による検討 -

無料記事

前回、ニューノーマルについて「変化が起きるには時間がかかり、問題は従来から起きていた経済的格差である」という主張をおこなった。今回は、その変化について詳細に検討していく。すでに「アフター・コロナ後の世···
石田健
政治・国際関係

コロナによるニューノーマル、その批判と新しい「大きな政府」

無料記事

ニューノーマルという単語が注目を集めている。「新たな常態」を意味するこの言葉は、アフター・コロナとともに、新型コロナウイルスが終息した後の世界が全く新しい常態に生まれ変わるのではないか?という、ある種···
石田健
政治・国際関係

日本でガラパゴス化する「専門知」(2)―金融緩和の例― [1]

無料記事

前回は、新型コロナウイルス対策を例に、PCR検査の抑制とクラスター対策という日本独自のガラパゴス化した方法を取り上げたが、このような記事を執筆しようと思い立ったのは、以前から日本のガラパゴス化した専門···
安中進
政治・国際関係

ポストCOVID-19の世界予測:今、欧州の知識人は何を語っているか?

有料記事

『マリー・アントワネット』や『ジョゼフ・フーシェ』等の著書で知られるオーストリア出身の作家シュテファン・ツヴァイクは、1942年、ナチ政権からの亡命先で客死を遂げた。彼の死後出版された回想録は『昨日の···
長野壮一
社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健