英ピアソン、Economist株も売り出しへ:Economistという "Zeitgeist" について

テクノロジー

公開日 2015/07/26 00:10,

更新日 2015/07/26 00:10

無料記事

FTを日経に売却したことで、その動向に注目が集まっている英ピアソンですが、やはりEconomist株も売却予定だそうです。

さて、これは個人的な意見ですが、Economist株がどこに売却されるのかというのは、FTの日経以上に興味のある話題です。

もちろん、FTは会社丸ごとの売却なのに対して、ピアソンが保有しているEconomist株は50%なので、その前提は違います。Economist株は、他にロスチャイルド家などが保有しており、もしその株式が新たな企業に移っても、議決権などは既存の大株主の影響が強いままです。

しかしそうした前提の違いがあったとしても、Economistというのはメディアにとって特別な「ブランド」です。

以前にQuartzが、「俺たちは90年代のWiredや1840年代のThe Economistになるぞ!(Like Wired in the 1990s and The Economist in the 1840s, Quartz embodies the era in which it is being created. )」という宣言をしていることをご紹介しました。

これはあながち間違いではありません。

90年代にWiredが「ハッカー文化」の、1840年代にThe Economistが「自由主義」という思想の騎手になったことは、まさにメディアが時代精神(=Zeitgeist:ツァイトガイスト)を牽引していた事例です。

(重ねて言いますが、これはあくまでも僕の考えですが)本来、メディアを作るというのは、この「Zeitgeistを作り出すんだ!」という挑戦に他なりません。

いくらBuzzfeedが巨大なメディアとなっても、Snapchatが新しいメディア企業なんだ!と言われたとしても、それは単にビジネスとして大きくなっているだけの話で、Zeitgeistをつくったこととは全く別です。

もちろん、FTを買収した日経も「Zeitgeistをつくりだす」という意味ではダメです。もちろん彼らにも素晴らしい報道をしている側面はありますが、FTにかかれば「企業のプレスリリースをそのまま垂れ流ししているメディア」という側面が大きいことは否めません。

その意味で、「New Global Economy」の輪郭を描き出すことで、新たなZeitgeistを見出そうとするQuartzの挑戦に、個人的にはしびれるわけです。

The EconomitsやWiredは、そうした意味で一つの時代を象徴するメディアでしたし、真の意味で「影響力のある人々に影響を与えている」メディアでした。

もちろんそういう種類のメディアをつくることは非常に難しいです。ある程度の規模を追求しなければビジネスとしては成り立ちませんし、特に紙からウェブへの変化が加速したことで、広告単価の下落という問題も大きくなっているからです。

そして、こうした現実的な問題に直面しつつも、やはりEconomistは、いまだに大きな影響力をもっているのです。

一時代を築いたEcnomistの新たな所有者が誰か?というニュースは、こうしたメディアの意味を理解していると、非常に興味深い話題に見えてくるでしょう。

http://qz.com/464073/pearson-wants-to-sell-the-economist-too-but-has-to-deal-with-its-baroque-ownership-structure/

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事

政治・国際関係

規制か合法か?大麻の論点を辿る(2)賛成派と反対派の主張を追う

有料記事

大麻の合法化や非犯罪化、非刑罰化といった解禁動向は広がりを見せつつあるものの、依然として国際的な足並みは揃っていない。では、具体的な大麻合法化の賛否に関する議論はどのようになされており、論点はどのよう···

社会問題・人権・環境

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

テクノロジー

反トラスト法とは何か?Googleは分割されるのか?

有料記事

米・司法省は20日、Google社がインターネットにおける検索や広告において、独占的な地位を利用して適切な競争を妨げているとして、反トラスト法違反の疑いで提訴した。Googleは、なぜ提訴されたのだろ···

テクノロジー

なぜ政府やAppleは、市民の健康に介入するのか?

有料記事

現地時間の2020年9月15日、Appleはシンガポール政府との健康イニシアチブに関するパートナーシップ締結を発表した。この健康イニシアチブでは、医師や公衆衛生の専門家との協力で作成されたLumiHe···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

政治・国際関係

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

社会問題・人権・環境

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···