英ピアソン、Economist株も売り出しへ:Economistという "Zeitgeist" について

テック, メディア

公開日 2015/07/26 09:10,

更新日 2015/07/26 09:10

無料記事

FTを日経に売却したことで、その動向に注目が集まっている英ピアソンですが、やはりEconomist株も売却予定だそうです。

さて、これは個人的な意見ですが、Economist株がどこに売却されるのかというのは、FTの日経以上に興味のある話題です。

もちろん、FTは会社丸ごとの売却なのに対して、ピアソンが保有しているEconomist株は50%なので、その前提は違います。Economist株は、他にロスチャイルド家などが保有しており、もしその株式が新たな企業に移っても、議決権などは既存の大株主の影響が強いままです。

しかしそうした前提の違いがあったとしても、Economistというのはメディアにとって特別な「ブランド」です。

以前にQuartzが、「俺たちは90年代のWiredや1840年代のThe Economistになるぞ!(Like Wired in the 1990s and The Economist in the 1840s, Quartz embodies the era in which it is being created. )」という宣言をしていることをご紹介しました。

これはあながち間違いではありません。

90年代にWiredが「ハッカー文化」の、1840年代にThe Economistが「自由主義」という思想の騎手になったことは、まさにメディアが時代精神(=Zeitgeist:ツァイトガイスト)を牽引していた事例です。

(重ねて言いますが、これはあくまでも僕の考えですが)本来、メディアを作るというのは、この「Zeitgeistを作り出すんだ!」という挑戦に他なりません。

いくらBuzzfeedが巨大なメディアとなっても、Snapchatが新しいメディア企業なんだ!と言われたとしても、それは単にビジネスとして大きくなっているだけの話で、Zeitgeistをつくったこととは全く別です。

もちろん、FTを買収した日経も「Zeitgeistをつくりだす」という意味ではダメです。もちろん彼らにも素晴らしい報道をしている側面はありますが、FTにかかれば「企業のプレスリリースをそのまま垂れ流ししているメディア」という側面が大きいことは否めません。

その意味で、「New Global Economy」の輪郭を描き出すことで、新たなZeitgeistを見出そうとするQuartzの挑戦に、個人的にはしびれるわけです。

The EconomitsやWiredは、そうした意味で一つの時代を象徴するメディアでしたし、真の意味で「影響力のある人々に影響を与えている」メディアでした。

もちろんそういう種類のメディアをつくることは非常に難しいです。ある程度の規模を追求しなければビジネスとしては成り立ちませんし、特に紙からウェブへの変化が加速したことで、広告単価の下落という問題も大きくなっているからです。

そして、こうした現実的な問題に直面しつつも、やはりEconomistは、いまだに大きな影響力をもっているのです。

一時代を築いたEcnomistの新たな所有者が誰か?というニュースは、こうしたメディアの意味を理解していると、非常に興味深い話題に見えてくるでしょう。

http://qz.com/464073/pearson-wants-to-sell-the-economist-too-but-has-to-deal-with-its-baroque-ownership-structure/

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
社会

アフター・コロナに生じる変化 - 3つの分類による検討 -

無料記事

前回、ニューノーマルについて「変化が起きるには時間がかかり、問題は従来から起きていた経済的格差である」という主張をおこなった。今回は、その変化について詳細に検討していく。すでに「アフター・コロナ後の世···
石田健
政治・国際関係

コロナによるニューノーマル、その批判と新しい「大きな政府」

無料記事

ニューノーマルという単語が注目を集めている。「新たな常態」を意味するこの言葉は、アフター・コロナとともに、新型コロナウイルスが終息した後の世界が全く新しい常態に生まれ変わるのではないか?という、ある種···
石田健
テック, メディア

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健