Business Insider、テック・メディアを開始

公開日 2015/08/02 22:02,

更新日 2015/08/02 22:02

無料記事 / テクノロジー

ドイツの Axel Springer から2500万ドルの投資を受けて成長を続けるBusiness Insiderですが、最近Tech Insiderを立ち上げました。

もともとは、テックやシリコンバレーネタを扱う「Silicon Alley Insider」とかから派生したBIだけに、なぜ今更テック・カテゴリを派生させたのか?という疑問はあります。 Re/codeとかGigaOmなどの事例からもわかるように、テックメディアは競争の激しい領域でもあります。

しかし一方でそれは、多くの広告主やトラフィックが期待される領域でもあるということです。 CEOのヘンリー·ブロジェットはそのあたりに期待をしているようですが、果たして。

http://www.techinsider.io/

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
SNSでおすすめする
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に東証一部上場企業に売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
最新情報を受け取る

Twitterをフォローして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事

夫婦別姓をめぐる歴史と論点(1)明治初期における夫婦別姓の採用

無料記事 / 社会問題・人権・環境

2020年12月15日、選択的夫婦別姓制度の導入をめぐる議論が大きく後退する旨が報じられた。政府が策定する第5次男女共同参画基本計画の最終案から、「選択的夫婦別姓(氏)」の文言が削除されるなど、言及が···

なぜ日本は、コロナの病床が足りていないのか?

有料記事 / 社会

医療崩壊の定義は定まっていないものの、新型コロナウイルスの感染拡大によって医療機関の厳しい状況が続いている。年明けからは「病床がひっ迫する中、急病の患者の受け入れ先がなかなか決まらないケースも急増」し···

反トラスト法とは何か?Googleは分割されるのか?

有料記事 / テクノロジー

米・司法省は20日、Google社がインターネットにおける検索や広告において、独占的な地位を利用して適切な競争を妨げているとして、反トラスト法違反の疑いで提訴した。Googleは、なぜ提訴されたのだろ···

なぜ政府やAppleは、市民の健康に介入するのか?

有料記事 / テクノロジー

現地時間の2020年9月15日、Appleはシンガポール政府との健康イニシアチブに関するパートナーシップ締結を発表した。この健康イニシアチブでは、医師や公衆衛生の専門家との協力で作成されたLumiHe···

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事 / 社会

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事 / 政治・国際関係

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事 / 政治・国際関係

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事 / 社会問題・人権・環境

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事 / 社会問題・人権・環境

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···