ピアソン、The Economist株の50%を売却:新オーナーとなるジョン・エルカーンとは?

テック, メディア

公開日 2015/08/13 03:43,

更新日 2015/08/13 03:43

無料記事

ピアソンが、既存株主に対してThe Economist株の50%を売却。

普通株27.8%をアニェッリ一族の投資会社Exor(エクソール)に2億2750万ポンドで売却。残りはEconomist Groupが買い取り。

日本では、このExorがサッカーの強豪ユヴェントスのオーナーでもあるため、このあたりも注目されているようです。

ジョン・エルカーンについて

しかしやはり注目は、Exorの若干39歳のオーナーであるジョン・エルカーン。

イタリア自動車最大手フィアットをなんと若干32歳で引き継ぎ、故ジャンニ・アニェッリの孫として、90年代に業績低迷に陥っていたフィアットを回復させた御曹司。

彼の結婚式には、イタリアの問題児ベルルスコーニ元首相も出席するほどで、「イタリアのケネディ」の異名にふさわしい活躍です。

そんなエルカーンですが、なんと大学在学中の21歳にはフィアットの役員に抜擢されています。当時は「アニェッリの孫」という点のみで、その手腕は未知数でしたが、見事に業績回復に貢献。

同社では、ファッショニスタとしても知られる、弟ラポ・エルカーンも活躍していました。

さて、米GEなど国際的な企業でも経験を積んでいる兄エルカーンですが、 News Corpのボード・メンバーでもあります。同時にイタリア最大の日刊紙ラ・スタンパ(La Stampa)のチェアマンでもあります。

ここは個人的な関心ですが、エルカーンはBrookings Institution や MOMA にもかかわっています。

つまり、エルカーンやExorは、メディア経営の経験もあるわけです。同時に、若い御曹司であることから、単にNews Corpのようなメディア経営を進めるわけではないことも予想されます。

今回の売却の行方は?

では、この売却は成功するのか?という点ですが、個人的には期待が大きいです。

「若い経営者と伝統メディア」という組み合わせで言えば、Facebook創業者クリス・ヒューズとThe New Republicを思い出す人も多いでしょう。

アメリカの大統領専用機にも載せられる名門雑誌TNRですが、経営は低迷。ヒューズが経営に参画しましたが、そのクオリティは下がっていると言われています。

その意味で、この組み合わせには成功しなかった前例もあるわけです。

一方、エルカーンの手腕はすでに多くの人が認めていますし、Economistにとっては長期的な視座で、ブランドを守りつつ経営を進めていくには最適なパートナーに見えます。

MEDIA HACKでは何度も入っていますが、Economistは単なる雑誌ではありません。自由主義という1840年代のイギリスが生み出した時代精神を継承するブランドです。

その意味で、今回の買収には注目せざるを得ません。

http://www.theguardian.com/media/2015/aug/12/pearson-sells-economist-stake-exor

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事
政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···
金子侑輝
石田健
政治・国際関係

アフター・コロナに何が起きるか:『サピエンス全史』ハラリの見解と国際社会の変化

有料記事

今月18日、筆者も出演したTV番組『AbemaPrime』において詫摩佳代・首都大学東京准教授が、「新型コロナウイルスをめぐって米中対立が拡大する中、国際協調が重要である」と指摘していた。国境を超えて···
石田健
テック, メディア

TikTokのライバル、躍進するKuaishou(快手)

有料記事

以前の記事で、TikTokを運営する世界最大のユニコーンByteDanceの躍進について扱った。しかしそのTikTokには、中国国内における強力なライバルがいることは日本であまり知られていない。そこで···
金子侑輝
石田健
テック, メディア

デジタル・サブスクリプションが急成長するNew York Times、その決算と落とし穴

有料記事

日本でも大手新聞社が課金へと舵を切っており、日本経済新聞やNewsPciksなどが成功例として挙げられるが、世界的に見れば課金メディアとして最も成功を集めているのがNewYorkTimes(NYT)だ···
石田健
社会

韓国、衝撃の「n番の部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···
石田健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田健
テック, メディア

なぜMCNは死に、UUUMは成功したのか?

有料記事

The HEADLINEでもYouTubeチャンネルを開設しているが、加熱するYouTubeビジネスはどこに向かっていくのだろうか?5Gが本格化する中、動画ビジネスはますます伸びていきそうな気もするが···
石田健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田健
政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···
石田健