WPP、BuzzFeedのグローバルな広告代理契約をはじめて締結

公開日 2015年08月29日 21:16,

更新日 2015年08月29日 21:16,

無料記事 / テクノロジー

日本では、Yahoo! が販売権を獲得したBuzzFeedの広告販売権ですが、グローバルでは、はじめてWPPが代理店契約を交わしたそう。

WPPの中でも、メディアプランニングやメディアバイイングを担当するGroupMが、BuzzFeedの代理店として活動していきます。

GroupMは、TwitterやFacebook、AOL、そしてGoogleなどの大口クライアントも持っており、BuzzFeedが最初のパートナーに選んだのも妥当です。

またこれは、(密かに)重要なポイントですが、彼らはBuzzFeedのネイティブ広告だけではなく、彼らの分析ツールPoundも商品として売り出していくみたい。

Poundが何か?という点については、またここで説明していくかもしれません。

http://www.theguardian.com/media/2015/aug/27/buzzfeed-global-advertising-deal-martin-sorrells-wpp

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事