イギリス外務省、国際テロ組織ISのプロパガンダに対抗するTwitterアカウントを開設

公開日 2015年08月29日 21:19,

更新日 2015年08月29日 21:19,

無料記事 / テクノロジー

イギリス外務省が、国際テロ組織ISのプロパガンダに対抗するべく、Twitterアカウントを開設。

これまでに700人ほどのイギリス人が、ISのためにイラクやシリアに旅立ったそう。日本では話題が下火になってしまったISですが、依然として国際社会の脅威ではあり続けています。

ところで、こういったアカウントって実際にはどんな感じで運営されているんですかね?どこかの企業が支援とかしてるんですかね?しかしその場合は、専門知識が必要になりそうで、なかなか普通の企業では難しそう。

逆に外務省内部で運営するにしても、継続的に運営するならば、どんな感じでKPIをひいたりするのか、ちょっと気になりました。

http://www.theguardian.com/world/2015/aug/28/uk-foreign-office-twitter-account-combat-islamic-state-propaganda-isis

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事