App Store有料アプリTOP5のうち3つをアド・ブロックアプリが占める

公開日 2015年09月18日 20:17,

更新日 2015年09月18日 20:17,

無料記事 / テクノロジー

アド・ブロックのアプリが、App Store有料アプリTOP5のうち3つを占める。

いよいよきたかあ、と話題のアド・ブロック。 Adobeらの調査によると、同機能を使っている人は、世界で約2億人。それによりおよそ220億ドル(約2.7兆円)の広告収入が失われているのだとか。

これに関しては、正直わからないなあという感じです。 すべてがネイティブ広告になる世界が良いとも、そんな世界がやってくるとは思えませんし、TVが自動的に番組の広告をスキップする機能をつけたら「え・・・・??」って感じですしね。

Andreessen HorowitzでGeneral PartnerをつとめるChris Dixonも指摘していますが、そもそもアド・ブロックを提供する会社が、アド・ブロックの解除で金儲けしているのって(倫理的に)どうなの?ってのもあります。

いずれにしても、Appleはコンテンツ・クリエイターを優遇したいのか、苦しめたいのか、ちょっとよくわからないなあというのが、正直な感想です。

http://digiday.com/publishers/three-top-five-apps-apple-ios-store-adblockers/

本記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で公開されているコンテンツです。良質なコンテンツをお届けするため、メンバーシップに参加してくださいませんか?

メンバーシップについて知る
著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事