“デフォルト”とは何か?:アメリカ史上初の悪夢はあり得なくはない

政治・国際関係

公開日 2013/10/09 05:20,

更新日 2013/10/09 05:20

無料記事

本誌で度々お伝えしている、アメリカのデフォルト危機。これはアメリカではもちろん、基軸通貨国では史上初となる悪夢であることはこれまで述べてきたとおりだが、具体的にはどのようなことが起こるのだろうか?

デフォルトとは何か?

デフォルト債務不履行)とは、債券発行者(今回の場合は「米連邦政府」)が破綻するなどの原因により、元本や利払いの支払いを遅延したり、停止することだ。米政府は現在、1ドルの支出に対して0.7ドルの税収となっていることから、国家を維持するためには借り入れが欠かせない。ところが、政府の債務については上限が決まっており、それは議会の承認によっておこなわれる。

今回問題となっているのは、オバマの提案する医療保険制度改革(オバマケア)に対して、野党共和党が急進派ティーパーティーを中心として、強固な反対を続けているからだ。彼らは、オバマケアが政府の支出を拡大するとして、この撤回がない限り、債務上限引き上げの引き上げには合意しないとしている。

(ただし、デフォルトの定義はそれほど明確でもない。一般的には、「国の返済が滞った瞬間」だと言われ、オバマ政権も、公的医療保険向けの支払いなどのいかなる支払いが滞ったとしてもデフォルトだとしている。)

デフォルトの期日

具体的な日付はわかっていない。しかし、その(最初の)タイムリミットは10月17日だと言われている。この日を境に、米政府の持つキャッシュが一気に減るからだ。これまで、政府は債務上限に達しないように策を打ってきたが、17日以降にはいくつもの支払いが残っているにもかかわらず、政府は新たな借入が不可能となれば、税収などの今後の限られた収入と手持ちのキャッシュでの支払いを余儀なくされる。

17日以降はどうなる?

議会予算局(CBO)によると、22日から月末にかけて一部の支払いが滞り始めるという。もっとも大きな節目は、10月23日にやってくる120億ドルにおよび社会保障関連の支払いだ。17日が過ぎたとしても、翌日の税収の規模が正確には把握できないことから、具体的な期日はわからないが、この周辺には支払期限がいくつか迫っており、この期間に問題が表面化することが予想されている。

政府に課せられた債務の支払いは、10月17日、24日、31日と続いていくが、24日以降の支払いについては不透明だ。

市場や経済への影響

世界最大の債務国によるデフォルトは、前例がないことから予想することは難しい。しかしながら、世界の株式市場が影響を受けることは確実で、ドル相場は急落し、金融マーケットを中心として壊滅的な打撃を受けるといわれる。

国債保有者への支払いが長期にわたって滞り、政府の支払い遅延が続けば、市場は景観感を強めるとともに、パニックが生じるだろう。具体的に言うと、リーマン・ショックから5カ月で、アメリカの株式相場はほぼ半値にまで下落した。当時、大恐慌以来最悪の景気後退へと陥ったアメリカは、失業率が30年ぶりに10%にまで上昇し、世界経済への強い影響を与えた。今回、デフォルトが生じれば2008年に経験したことよりもさらに酷い事態が起きることが予測されている。

デフォルトの回避策はあるか?

回避策の裏ワザとして「合衆国憲法修正14条」がある。これは、第4節に示された「公共負債の有効性」という条項であり、以下のようになっている。

法によって認められたアメリカ合衆国の公共負債の有効性について、暴動や反乱の鎮圧に従事した者に対する恩給や補助金の支払いに要する負債を含め、問題にされることはない。

ただし、アメリカ合衆国も如何なる州も、アメリカ合衆国に対する暴動や反乱の援助に要した負債や損害賠償、あるいは奴隷の損失または解放に対する補償要求にたいして支払義務は無い。そのような負債、損害賠償および補償要求は違法であり無効である。

これは、映画『リンカーン』でも話題となった部分であるが、この前段を適用することで、債務上限に関係なく財務省証券を発行し続けることが可能なのではないかと言われる。しかし、憲法解釈によってデフォルトを回避することに対しては否定的な意見が強く、オバマ大統領も反対している。

そうであるならば、もはや回避策は与野党による協議が成立すること以外に道はないのである。

編集部注:これまでの経過は、以下の特集ページから見ることが出来る。

特集:2013年アメリカ危機

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
都内大学院に在籍中、社会学を専攻する。男性のジェンダー・アイデンティ形成に関する研究をおこなっているが、HIPHOPも愛して止まない。
おすすめの記事
テック, メディア

2019年、中国メディア市場の動向:ByteDanceの躍進と注目のOOH

有料記事

中国の調査会社R3によるメディアレポート「China Media Inflation Trend Report」が11月21日に公開された。TikTokなどを展開するByteDanceらの躍進に注目が···
石田 健
政治・国際関係

ニュース解説:カリフォルニア州雇用法案AB-5の成立は、「搾取との闘い」か?

有料記事

9月18日、米カリフォルニア州で、ギグ・エコノミーの労働者をこれまでの「独立した請負労働者」ではなく、「従業員」として再分類する可能性のある法案が成立した。2020年1月1日より施行予定の同法案は、上···
塚本 大
政治・国際関係

ナイジェリア国民、南アフリカから一斉退避:その背景は?

有料記事

南アフリカの最大都市ヨハネスブルクや首都プレトリアなど起きた移民排斥を背景とする暴動によって、アフリカの二大経済大国であるナイジェリアと南アフリカに緊張が生じている。暴動が激化する中、9月9日にナイジ···
石田 健
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健
政治・国際関係

ニュージーランドの移民政策:経済的事情とリベラルな国家、そして移民抑制

無料記事

十分な時間が経過していないため、断定することは危険性があるものの、白人至上主義者によるムスリムを標的としたヘイトクライムという見方が強まっている。この事件を理解するためには、ニュージーランドの移民政策···
石田 健