ハフポ従業員、労働組合結成運動への参加を呼びかける公開書簡を発表:新興メディアで相次ぐ動き

テック, メディア

公開日 2015/11/19 01:13,

更新日 2015/11/19 01:13

無料記事

世界15カ国で運営され、もはやネットメディアの老舗ともいえるハフィントン・ポスト。(以下ハフポスト)

ネット上の一つのプラットフォームとして大きな存在感を見せているハフポストですが、本国のアメリカでは、リベラル(進歩主義)な論調のメディアとしても認知されています。実際、アメリカの労働組合の運動に対しても、US版ハフポストは肯定的な論調を展開してきました。

そんなハフポストの従業員たちが今、自社の労働組合結成に向けた動きを活発化させています。また、同様の動きが、他のアメリカの新興メディアでも相次いでいます。

「労組の結成はハフポストにとって正しいこと」

11月18日、労組結成を目指すハフポストの従業員たちは、労組結成運動への参加を呼びかける書簡を83人の従業員の連名でネット上に公開しました。

ハフポストUS版編集部で勤務する約300人の従業員に対し、書簡で以下のように呼びかけています。

「私たちは、民主的な職場環境で労働者が働くべきだと信じている進歩主義的な報道機関で働いています。この報道機関は、『労働者の団体交渉権は、この国の労働環境を向上させるために必要不可欠なモノである』という考えを社風として社内全体で共有していると言って良いのではないかと思います。

労組を結成するということは、私たちが報道機関として発信している理想を体現する一つの方法であると思っています。」

書簡では、社員の福利厚生が不十分であることや、マネージメント面での決定権が社内で曖昧になっていると指摘し、こう述べています。

「労組を結成することで、私たちが声を上げる場が確保できます。そうすることで、私たち社員の間でのつながりはより強固なモノになるでしょう。」

「ジャーナリストが安定した職種ではなないことを認めよ」

書簡はメディアとハフポストの現状について以下のように指摘します。

「率直に認めようではありませんか。ジャーナリストが、安定した職種ではなく、先行き不透明な職種であるということを。ハフポストは、この5年間で所有者が2回変わっています。(ハフポストは2011年にAOLに買収された。2015年にはそのAOLがベライゾンに買収される)

ハフポストは成長し続けており、それは素晴らしいことです。しかし、この先何があるかは分かりません。」

この動きに対するハフポスト側の反応

ハフポストの労組結成を目指す動きに対し、ガーディアンの取材で以下のように答えています。

「弊社にとって、社員の幸福と生き甲斐の増進を図ることはとても重要です。社員は労組の結成を協議する権利がありますし、今行われている協議がどういう結果になろうと、弊社としては彼らが下した決断を全面的に支持します。」

新興メディアで相次ぐ労組結成の動き:否定的な意見も

ハフポスト以外の新興メディアも、相次いで労組を結成しています。既に、Slate、アルジャジーラ・アメリカのデジタルニュース部門、ガーディアンのアメリカ支局、Gawker、ThinkProgresやViceでは労組が結成されています。

一方、新興メディアの労組結に否定的な意見を示しているのが、Buzzfeed創業者のジョナ・ペレッティ氏です。

「労組は、一定の職種では重要な役割を果たしてきたと思います。例えば、工場の労働者のような、人を替えても特に支障がない職種の場合、労働者は労組を通じて雇用主などと交渉することで、自分の仕事や権利を守っていった部分があると思います。

弊社のように、柔軟さとダイナミックさが求められるような企業の場合は、労組が存在することはあまり良いことには思えません。」

賛否両論ある新興メディアの労組結成ですが、 ハフポストUS版の今後の動きは、「新興メディアの労働運動」に大きな影響を与えると言っていいのではないかと私は思います。

http://www.theguardian.com/us-news/2015/nov/18/huffington-post-employees-union-movement

http://www.huffingtonpost.com/news/labor-unions/

http://progressive.org/intv1109.html

http://us11.campaign-archive2.com/?u=3eee192e989db0cc50c43c158&id=2aa0a808a9

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまのメンバーシップは、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

メンバーシップについて知る
著者
headline 主管理者
おすすめの記事

政治・国際関係

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か(5)

無料記事

トランプ当選とティール批判2016年、ピーター・ティールはドナルド・トランプの選挙キャンペーンに125万ドルを拠出し、共和党全国大会で支持を表明した。そればかりでなく当選後には、トランプの政権移行チー···

政治・国際関係

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···

テック, メディア

トランプ大統領、TikTok・WeChat禁止令に署名。今後のシナリオは?

有料記事

[7日23時11分追記] 本記事の公開後、複数のメディアからTencentのWeChat禁止について興味深い見解が出たため、有料部分に追記しています。当初公開していた無料部分は、引き続きお読みいただけ···

テック, メディア

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か(4)

無料記事

― (3)より続く初期の製品と顧客(2008-2010年)ウェブサイトでいくら自画自賛を続けても、カープたちが契約にこぎつけるのは難しかった。彼らは300回以上のミーティングを繰り返し、政府のヒエラル···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

人権・社会問題

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···

政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···