Politico、スポークマンに共和党のコミュニケーションストラテジストを採用へ

テック, メディア

公開日 2015/11/21 02:29,

更新日 2015/11/21 02:29

無料記事

ワシントンD.C.以外への支局開設(ニュージャージー州など)や、ブリュッセルやロンドンを拠点としたヨーロッパでの事業拡大など、「ワシントンのニッチな政治メディア」から徐々に変貌を遂げつつある政治新興メディア「Politico」。

そんなPoliticoが、共和党の議員の側近や知事選などで選挙スタッフを勤めてきたブラッド・デイアスプリング氏をコミュニケーション部門の初代ヴァイスプレジデントとして迎え入れることを発表しました。

国際的なメディアとして成長するためのステップ

PoliticoのCOO(最高執行責任者)であるキム・キングスリー氏は、社員に宛てに送ったメモの中で、Politicoのコミュニケーション部門の社員たちが、創刊以来9年間、「Politicoのブランドや素晴らしいジャーナリズムを発信するめに、素晴らしい仕事をしてくれている」とした上で、以下のように述べています。

「私たちは、野心的な成長戦略の下、既に世界五カ国、全米の六つの州で支局を展開しています。私たちはこれから、国際的なメディアとしての地位を確率するために、そして事業として成功させていくために、新たな段階に進む必要があります。」

デイアスプリング氏は今後Politicoの広報を始め、外部への発信を統括することになると思われます。

ブラッド・デイアスプリング氏の経歴

デイアスプリング氏は、一期目のブッシュ政権の下で、2001年から2004年まで3年間広報関係の職を勤めた後、共和党のクリストファー・スミス下院議員のコミュニケーションディレクター等を経て、2009年からエリック・カンター下院議員(共和党)の報道官、カンター議員が2010年に院内総務に就任した際、副主席補佐官に任命されます。

しかし、カンター議員の他の側近と意見が対立し、2012年に主副席補佐官を辞職。

2013年の1月から今年の5月までは、共和党上院全国委員会のコミュニケーションディレクターを務めました。デイアスプリング氏はまさにこの十数年、共和党のコミュニケーションストラテジストとして活躍して第一線に立ってきたといえるでしょう。

キングスリー氏はこれらの経験を踏まえ、「Politicoも選挙の候補者のように、一貫した明確なメッセージを適切な形で発信していく必要があり、そのためには戦略が必要です。ブラッドはその戦略を立てる仕事をやるために生まれてきたと言っても過言ではないでしょう」と、デイアスプリング氏を賞賛しています。

デイアスプリング氏「今度はこれまでは逆側のテーブルの席に」

デイアスプリング氏は、ニューヨーク・タイムズの取材に対し、「これまで私が愛してきた政治と政策立案の世界から、今度はその世界のことを報道機関で発表できるというのは、私の経験を上手く発揮できる機会だ。15年間身を置いた政治の世界を、これまでとは逆側のテーブルの席から見つめて発信していく仕事を楽しみにしている。」とコメントしています。

ワシントンの中枢にいた人物が、ワシントンのネットメディアへ。新興メディアのアメリカ政界における存在感は、今後もどんどん大きくなっていくのでしょう。

参考記事

http://www.nytimes.com/politics/first-draft/2015/11/19/politico-hires-brad-dayspring-veteran-g-o-p-operative-as-spokesman/

https://www.linkedin.com/in/bdayspring

http://www.politico.com/blogs/on-media/2015/11/brad-dayspring-joins-politico-216093

この記事は、ライセンスにもとづいた非営利目的のため、あるいは社会的意義・影響力の観点から無料で提供されているコンテンツです。

良質なコンテンツを取材・編集して翻訳を届けるため、コンテンツをサポートをしてくださいませんか? みなさまの有料購読は、良質な記事をライセンスして届けるための重要な収益源になります。

月額3,200円で有料購読をはじめる
著者
headline 主管理者
おすすめの記事
政治・国際関係

ニュース解説:カリフォルニア州雇用法案AB-5の成立は、「搾取との闘い」か?

有料記事

9月18日、米カリフォルニア州で、ギグ・エコノミーの労働者をこれまでの「独立した請負労働者」ではなく、「従業員」として再分類する可能性のある法案が成立した。2020年1月1日より施行予定の同法案は、上···
塚本 大
管理者
政治・国際関係

ナイジェリア国民、南アフリカから一斉退避:その背景は?

有料記事

南アフリカの最大都市ヨハネスブルクや首都プレトリアなど起きた移民排斥を背景とする暴動によって、アフリカの二大経済大国であるナイジェリアと南アフリカに緊張が生じている。暴動が激化する中、9月9日にナイジ···
管理者
テック, メディア

NYTによる衝撃のFacebook暴露記事:その内容とポイントは?

無料記事

11月15日、米・New York Times(NYT)紙に衝撃的な記事が登場した。この記事は「Delay, Deny and Deflect: How Facebook’s Leaders Foug···
石田 健
テック, メディア

月は誰のものか? 宇宙を専門とする弁護士が回答する

無料記事

この写真は、おそらくこれまで撮影された国旗の中で最もよく知られたものだ。APOLLO 11 MOON LANDING / AP PRESSバズ・アルドリンが、月に立てられた初のアメリカ国旗を横にして立···
石田 健
管理者
政治・国際関係

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···
石田 健
政治・国際関係

なぜ平和の少女像を「日本国民の心を踏みにじる行為」と感じる人びとがいるのか?

無料記事

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』の企画「表現の不自由展・その後」をめぐって、現在も議論が続いている。混乱の発端には、平和の少女像の存在もあった。一部の政治家は、平和の少女像が展示されることを···
石田 健
編集長より

職が減っていく文系院生は、今後いかにサバイブしていくべきか

無料記事

将来を有望された研究者が、自ら命を絶つという痛ましい事件が話題を集めた。「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた:朝日新聞デジタル下記記事にある通り、この事件は経済的困窮を苦にしただけでな···
石田 健
政治・国際関係

ニュージーランドの移民政策:経済的事情とリベラルな国家、そして移民抑制

無料記事

十分な時間が経過していないため、断定することは危険性があるものの、白人至上主義者によるムスリムを標的としたヘイトクライムという見方が強まっている。この事件を理解するためには、ニュージーランドの移民政策···
石田 健
政治・国際関係

文化の盗用とは何か:所有/簒奪という二項対立を乗り越える

無料記事

文化の盗用、あるいは文化の簒奪と訳される「Cultural Appropriation」という概念が注目を集めている。6月25日、アメリカの著名セレブであるキム・カーダシアンが「Kimono」と名付け···
石田 健