神奈川県、大雨と雷及び突風に関する気象情報が更新

公開日 2022年08月16日 17:06,

更新日 2022年08月18日 17:26

発表から1日以上が経過した情報です。

8月18日17時12分、横浜地方気象台は、神奈川県に発表されている警報・注意報の経過、予測、防災上の留意点などを解説するために発表していた気象情報を更新した。

横浜地方気象台の発表内容

神奈川県では、18日夜遅くにかけて、土砂災害や落雷、突風、降ひょうに注意してください。

気象状況と予想

前線を伴った低気圧が東北地方にあって、東北東へ進んでいます。低気圧からのびる前線が19日にかけて伊豆諸島に南下する見込みです。

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、上空約6000メートルに氷点下6度以下の寒気が流れ込んで、神奈川県では18日夜遅くにかけて、大気の状態が不安定となるでしょう。

防災事項

大雨・雷

神奈川県では、これまでに降った大雨により地盤の緩んでいる所があります。18日夜遅くにかけて土砂災害に注意してください。

また、落雷や突風に注意してください。降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

雨の実況

降り始め(17日20時00分)から18日17時00分までの降水量(アメダスによる速報値)

山北町丹沢湖 119.5ミリ

箱根 97.0ミリ

相模原市中央 39.0ミリ

海老名 38.0ミリ

小田原 36.0ミリ

補足事項

今後発表する防災気象情報に留意してください。

また、土砂災害や浸水害及び洪水害の危険度に関しては「気象庁ホームページ」のキキクル(危険度分布)をご確認ください。

これで「大雨と雷及び突風に関する神奈川県気象情報」は、終了します。

2022/08/18 17:12 横浜地方気象台 発表

わたしたちについて

付近の気象・災害情報

⚡ 最新の速報

もっと見る

最新の記事

Web3には、どのような批判が向けられているのか?分散、ポンジスキーム、実用化の遅さなど

有料記事 / テクノロジー

なぜ仏パリ・サン=ジェルマンは、業績・成績で躍進を遂げたのか?

有料記事 / スポーツ

フードテックとは何か?注目の背景、代表的な企業、成長性

有料記事 / テクノロジー

為替介入とは何か?わかりやすく解説 = 1ドル145円の円安受けて

有料記事 / 経済

なぜ台風の頻発化・強力化が懸念されているのか?地球温暖化によりスーパー台風が増加?

有料記事 / 環境

もっと見る

経済情報

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。