KDDI株式会社、売上2兆7,408億円・純利益3,856.06億円 = 23年3月期第2四半期

公開日 2022年11月08日 15:00,

更新日 2022年11月16日 04:23

KDDI株式会社は8日、2023年3月期の第2四半期決算を発表して、売上は2兆7,408億円(前年同期比4.40%増)、純利益は3,856.06億円(前年同期比2.10%減)だった。

また税引前損益は5,599.57億円(前年同期比2.50%減)、営業利益は5,585.27億円(前年同期比2.50%減)、営業利益率は20.4%で前年同期よりも1.40ポイント減少した。

売上の推移

同社の過去3年間(第2四半期)の売上は、2019年が2兆5,644億円、2兆5,371億円(2020年)、2兆6,251億円(2021年)と推移している。

この企業について

KDDI株式会社は、「au」ブランドで移動通信事業と固定通信事業を展開する企業。最近は決済・金融(クレジットカード事業、銀行、証券等)、ケーブルテレビやテレビ通販など事業領域を拡大している。

京セラ創業者の稲盛和夫氏が中心となって設立されたDDIが前身で、2000年10月にトヨタ自動車などが大株主として名を連ねるKDD、日本移動体通信(IDO)と経営統合して誕生した。18年3月末現在も京セラとトヨタは、筆頭株主と第2位株主となっている。

事業セグメントはパーソナル(家庭および個人向けの通信サービスの提供、携帯端末販売等)、ビジネス(企業向け通信サービス、携帯端末販売等)と、成長領域などを含めたその他からなる。沖縄セルラー電話は連結子会社である。

1984年、前身の第二電電企画を設立。1985年に第二電電に改称し、第一種電気通信事業の許可を受ける。その後、移動通信子会社を全国各地に設立し移動通信事業を中心に展開。2000年に国際通信事業が主体のKDD、移動通信事業を手掛ける日本移動通信と合併し、社名をディーディーアイに変更した後、翌2001年にKDDIに改称。

免責事項

本誌の掲載情報は充分注意を払ったものですが、その内容を保証するものではありません。また本誌の掲載情報は、あくまで情報提供を目的としており、投資勧誘または誘引をおこなっていません。投資・税金・法律などのいかなる助言も提供せず、特定の金融商品や個別銘柄などについて、いかなる勧告もしておりません。

なお、本誌に掲載された情報の閲覧により生じたいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いかねることをご了承ください。

EDINETのデータを使用しています。

わたしたちについて

経済情報ニュース

もっと見る

🗞 最新のニュース

もっと見る

💡 最新のニュース解説

インパクト投資とは何か?ユニコーンも生まれ、市場規模は急拡大

有料記事 / 社会問題・人権

Discordは、なぜGASを買収したのか?

有料記事 / テクノロジー

Appleは、なぜXRに注力するのか?

有料記事 / テクノロジー

なぜ今、アフリカの文化財が返還されているのか = 植民地主義からの脱却?

無料記事 / 社会

フォアグラは、なぜ批判されているのか = 今後、食べられない可能性も?

有料記事 / 社会

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。